読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ109試合を海外で観戦してきました。マイルを獲得しておトクに海外へ渡る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【 0時にご注意? 】 クラブワールドカップ決勝 チケット復活の法則を考える

海外サッカー 海外サッカー-クラブワールドカップ

f:id:soccer-mile:20161123002916j:plain
(追加情報あり:下記の赤字で示した箇所をご参照ください。)

早くも開幕まで2週間を切った、FIFAクラブワールドカップ。
今年はヨーロッパ王者としてレアル・マドリー(スペイン)が出場しますが、12月18日に控えるその決勝戦でいかになるべく安い席のチケットを手に入れるか、9月末から当ブログでは幾度か掲載してまいりました。
(過去に掲載した主な記事は ↓ コチラ)
・10/26掲載 【 次の販売チャンスを探る 】 クラブワールドカップ決勝 チケット入手の残るチャンスについての考察

・9/29掲載
クラブワールドカップ決勝戦のチケットは10/1に一般販売開始! でもまだ購入を焦らないで良いと思う理由

10月23日に開始となった最終販売において、決勝のチケットは、完売した後に時折カテゴリー1~3が復活し、安い席からまた完売していくというサイクルを繰り返しています。
一番安いカテゴリー4はやはり出てきておらず、コチラの記事で考察したように、マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)とアジア王者に割り当てられた分の未購入席が返還されたら出てくるような流れはいまだに残っています。
(・10/26掲載 【 次の販売チャンスを探る 】 クラブワールドカップ決勝 チケット入手の残るチャンスについての考察

今回は、明確な答えなど中の人以外誰にもわからないものの、安い席のチケットが復活してくるタイミングについて、その法則を考えてまいります。
ちなみに、カテゴリー1や2といった高い席を買うつもりの人は、この記事を読まなくてもわりと買いやすいと思うので、あまり真剣に読む必要はありません。
基本的には、「チケット代なんてせいぜい1万円ぐらいしかかけたくない。それ以上払うんだったら簡単な方法でマイルを貯めて旅費を浮かせてスペインに行った方が良いでしょう。」というスタンスで書いてまいります。
(高いチケットを買うならマイル貯めてベルナベウ行っちゃった方が良いんじゃない? という記事は ↓ コチラです)

soccer-mile.hatenablog.jp

2016.12.02 22:30追記昨日23:55、カテゴリー4南をはじめカテゴリー3以上の価格の席も含めて復活していました。本記事の推測は0時でしたが、実際のチケット復活は23:55に行われているのかもしれません。

2016.11.29 21:30追記本日0時(厳密には0時になる少し前)にチェックした際にはカテゴリー3と2が復活していました。また、その前にカテゴリー4南も復活していたとのことです。現時点で、レアル・マドリーが位置する北側もカテゴリー3が取れる状態です。
また、横浜での準決勝はレアル側も含めて最も安いカテゴリー4が○に復活しています。
(masaki様、HIRO様、貴重な情報をありがとうございます!)

【 当ブログのTwitterはコチラから ↓ 】
サカ×マイル (@saka_mile_blog) | Twitter

 

お金をかけずに海外にも行ける! 大量マイル獲得やおトクな情報はコチラから

soccer-mile.hatenablog.jp

 

復活! たった1取引でOKのDMM FXが今なら18,000ptに大増量!

soccer-mile.hatenablog.jp

 

◆◆ 今回の目次 ◆◆

 

1.最も安いカテゴリー4が復活する可能性を再考

11月に入り、決勝のチケットは、基本的にカテゴリー1はどこかしらずっと残っており、時折カテゴリー2と3が復活しては、安い席から再び完売していき、カテゴリー1だけまた残る、という状態となっています。
11月11日(金)の0時、11月16日(水)の0時にそれぞれカテゴリー1~3で復活する席があり、「もしや5日おきに小出しで復活するのか!?」と思い11月21日(月)0時にスタンバイするものの、ここでは復活せず。
しかし、その翌日の22日(火)と23日(祝・水)の0時にはカテゴリー2南が○になりました。(現在は×に)
また、カテゴリー4はいまだ復活していないので、カテ4に関してはまだ一定の枠がガードされたままなのではないかと思います。
f:id:soccer-mile:20161126001939j:plain
( ↑ 11/26 11時時点の残券状況)

そろそろマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)の出場決定から1ヶ月経ったのでこのチーム枠の販売数が確定し、返還数が決まっても良い頃です。
また、今日26日(土)にはACL決勝第2戦が行われ、アル・アイン(UAE)か全北現代(韓国)の出場が決まるので、開幕日の前後でアジア代表クラブのチーム枠返還数が日本向けに出てくることもあり得るかなと考えています。
いずれも、出場チームの枠の返還分があるとすれば、カテゴリー4と1が比較的多いのではないかと思います。

2.最終販売期間中のチケット復活のタイミングは

今回もローソンチケットがチケッティングパートナーとなっていますので、復活があるとすれば、システム上、いずれかの日の0時または午前10時が有力です。
そして、前述のようにここ最近は0時に復活する場面が時折あります。
あとは復活の時期なのですが、それにはいくつかのパターンがあると考えました。
2016.12.02追記:以下のうち、パターン3と思われるケースが頻発しております。

パターン1…事前に告知があり、12月上旬に返還分が一斉に復活
パターン2…告知は無く、12月上旬に返還分が一斉に復活。
パターン3…告知は無く、今月中から12月上旬にM.サンダウンズ分の返還が突然復活し、その後12月上旬にアジア王者分の返還が突然復活する。

パターン1は、12月6日にチケット出るよ~と公式サイトで告知された昨季と同様の売り方です。これが一番親切で、競争率も上がりますが努力がある程度結果に反映されるので、私はこれが一番良いなと思っています。
パターン2は、もう最終販売の期間中なので、販売側の都合でいきなり返還分を解放する売り方です。
これは読めないので、定期的にサイトを巡回するツボを押さえておく習慣が必要です。ただし、その分競争率は下がるはずです。
パターン3は、パターン2を小出しにした売り方です。これも対策は習慣的な販売サイトの巡回しかありませんが、2と同様に、的中さえすれば競争率は低いと思います。

3.現状で考えられる『4つの対策』

以上を総合し、主催側からも販売側からも告知が無い中で推測した今後の対策は、以下のような形かと思います。

・公式サイトで、チケットの追加情報がないか随時チェックする
・毎日0時23:55に公式販売サイト(ローソンチケットと共通)で残席をチェックする
・復活しなければ、10時にも上記サイトで残席をチェックする
・浦和レッズまたは鹿島アントラーズのサポーターの方々は、チャンピオンシップを制した場合、昨年のサンフレッチェ広島の時のようにクラブ枠の発売があるかもしれないので、そちらもチェックを(※これは無さそうな情勢です)

もちろん、気まぐれで夕方の18時にいきなり復活! みたいなこともあるかもしれません。私もプレイガイド関係者ではないのでかなり頭を捻って想定している状況です。
当然、1枚もカテゴリー4が復活しない可能性もあるわけです。
一般の消費者にわかるような領域でコントロールされているわけではないので、推測は立てたものの、それが実現するかは未知数なのは確かです。

が、引いた視点で見るならば、日テレが騒いでるだけで世界的に見ればそんなにステータスの高い大会ではないので(はっきり言ってレアルからすれば12/3のバルサとのクラシコと12/7のCL ドルトムント戦が続く連戦の方が余程重要でしょう)、返還分がまだ出てくるのは不自然ではないとも考えられます。
販売する側は、きちんと売りさばければ良いので親切な告知はしてくれないかもしれませんが、観戦を希望される方が希望通りにチケットを買えるよう、多少なりともお役に立っていければと思います。
私自身も、既にカテゴリー4の1層のチケットが取れているとはいえ、いろいろと試行錯誤しながら価値のある情報をお伝えできるよう努めていきたいと思います。


以上、今回はクラブワールドカップ決勝のチケットが、今後どのタイミングで復活するのかを考えてまいりました。
皆さんも、ぜひ0時23:55の動きには気を付けてみてください!

お金をかけずに海外にも行ける! 大量マイル獲得やおトクな情報はコチラから

soccer-mile.hatenablog.jp

 

復活! たった1取引でOKのDMM FXが今なら18,000ptに大増量!

soccer-mile.hatenablog.jp

 

《関連記事》

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
 

にほんブログ村 海外サッカー