読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ109試合を海外で観戦してきました。マイルを獲得しておトクに海外へ渡る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【保存版:大量マイル獲得のルートマップ】 超・低コストで特典航空券を掴み海外へ旅立つ方法(ガイダンス編)

はじめに:意外と知らない? 大量マイル獲得の全体像 大量マイルの獲得方法 大量マイルの獲得方法-戦略編 大量マイルの獲得方法-実践編-1.定番サイト「ハピタス」を活用してマイルを貯める 大量マイルの獲得方法-実践編-2.クレジットカードでマイルを貯める

f:id:soccer-mile:20161013222634j:plain

いよいよ、当ブログの本題に踏み込んでまいります。
クラブワールドカップ決勝戦のチケットに関する内容を続けて書いていましたが、クラブワールドカップの高額なチケット代よりもおトクに海外に行くための方法を示し、実践し、読んでくださる方々にも伝わるように解説していくのがこのブログの趣旨ですので、今回からはいよいよその本題に踏み込んだ内容を書いていきたいと思います。


◆◆ 今回の目次 ◆◆


 

1.捨ててほしい先入観

特典航空券でヨーロッパ往復をするには、通常期ならJAL(日本航空)でもANA(全日空)でも55,000マイルが必要となります。
(2社ともオフシーズンでは4万台のマイルでOKになり、ANAの場合は繁忙期には6万マイルが必要です)
ココは大事ですので、基本ラインとして、「55,000マイル」というキーワードはぜひ覚えておいてください。
では、マイルを貯めるには、どのような方法が思い浮かびますか?

 ・たくさん飛行機に乗って、搭乗マイルを積算する
 ・クレジットカードで支払って、ポイントをコツコツ貯めてマイルに換える

というものが一般的だと思います。
まずは、この先入観を捨ててほしいのです。


安い運賃で東京から福岡まで往復しても、850マイルくらいしか貯まりません。

クレジットカードを研究して還元率1.5%の高還元カードを見つけたとしても、55,000マイルを貯めるには、366万円を支払わないといけません。
したがって、この2つの方法は、あくまでメインの方法を補助する役割として考えていただきたいのです。
次の項目で、大量マイル獲得のためのメインの方法をお伝えします。

2.【必見】大量マイル獲得のメインルートはコレだ!!

外旅行が好きな人や海外サッカー好きなサッカー仲間は大勢いますが、今から触れる今回の本題について、詳しく知っていた人はほぼいません。
それくらい、知る人ぞ知る…でも知っていて実践している人は「他の人にあまり言わないくらい」トクをしている方法なのです。

 ↓ 【 私の獲得マイルの明細はコチラ! 】

soccer-mile.hatenablog.jp

f:id:soccer-mile:20170109130039j:plain
私は、2015年12月からの約1年で、ANAでは20万マイル、JALでは10万マイルをそれぞれ貯めることに成功しました。
(香港や九州への往復で利用したマイルがあるので、残るANAマイルは現在17万マイルちょっとです。)
私は約1年前にこの方法を知ったのですが、正直に言うと、もっと早く知っていれば…という気持ちを強く感じています。それでも年間20万マイル以上は獲得できましたので、無理なく持続可能な範囲でこうしたマイル活動を続けていきたいなと思っています。


≪大量マイル獲得へのルートマップ≫
f:id:soccer-mile:20161003234734j:plain
大量マイル獲得のメインとなる方法は、
ポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチ)を利用してポイントを獲得し、ある程度貯まってきたらそのポイントをポイント交換サイト(ドットマネー、メトロポイント)を経由してできる限り高い交換率でANAまたはJALのマイルに変換する ということなのです。

ポイントサイトも、ポイント交換サイトも、今の世の中には無数にあります。なので、あらゆるサイトを駆使するとこれ以外のサイト経由でもマイルを貯めることはできるのですが、利用者が多く、私が使ってみた中でも非常に安心して利用できる安定感抜群なサイトだけをこの表ではご紹介しています。
正直、最初はハピタスだけで十分利用価値がありますし、慣れるには最高のサイトだと思っています。
私自身、ポイントサイトの利用をし始めた時はまったく区別がつかず、ココからココへは交換できなくて、ココからココだと還元率が低くて…なんのこっちゃい。。と思っていました。
ひとまず、マイル活動を始めて半年くらいは、ハピタスを起点とするこのルートだけに集中してサイトを利用していくのが安心かつ万全な方法だと思います。

【なお、ハピタスのポイントは、マイルへの交換だけでなく、現金化することも可能です。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。】
【マイルだけじゃない】ハピタスは現金に等価交換できる! 現金化する方法の実践

3.マイルを手にするために、実際に何をするのか

ハピタスで扱っているサービスは非常に多岐にわたり、例えば多くの人が使ったことがあるであろう「じゃらん」や「楽天市場」などは、ハピタスに会員登録してログインしてからハピタス内のバナーから「じゃらん」「楽天市場」のサイトに飛んで予約や購入をすれば、その時ハピタスのサイトに書いてあるポイントが付与されるという仕組みです。
現在では、じゃらんは2.4%、楽天市場は1%のポイントとなっていますが、これが「じゃらん利用のリクルートポイント」や「楽天市場利用の楽天スーパーポイント」とは別に「ハピタスポイント」としてハピタスサイトのあなたのアカウントに積算されていきます。
この2サービスは、1回で得られるポイントは100ポイント前後ですが、中には10,000ポイントを超えるような案件がありますので、ヨーロッパ行きの特典航空券の条件である55,000マイルを手に入れるためには、
このような『大量ポイント案件』を利用していくことが近道となります。
安心してください。コストはほとんどかかりませんから!

(参考記事)
【 数千~数万マイルを狙えるポイントアップの宝庫 】 ハピタス『みんなdeポイント』で最大効率のマイル獲得


【大量ポイント案件の3本柱】

 ・クレジットカード発行(多いもので9,000~20,000ポイントほど)
 ・保険に関する無料相談(多いもので8,000~12,000ポイントほど)
 ・FX口座開設と少量取引(多いもので10,000~15,000ポイントほど)
  ※取引量が多い条件のFX会社だと2万ポイント超えの案件もありますが、慣れてからの方が良いでしょう。

クレジットカード発行は、信用情報の観点から2ヶ月に1度くらいにしておいた方が安全なのと、FXはハマってしまうと本気で大損する可能性がありますので「ポイント獲得条件達成のための最低限の取引だけやってスッパリやめる」ことを前提にしていただきたいと思います。
保険相談は、ファミレスで1時間半くらいお話を聞くのでコーヒー代はかかりますが、私自身は契約もせず円満に過ごせたとともに、保険の知識を学ぶ非常に重要な機会だったので、ぜひやってみることをおすすめします。
それさえ守れれば、ほぼノーリスク&数百円の支出のみで55,000マイルを得ることができますので、今回はまずそのことを覚えておいていただきたいなと思います。
【 一撃で18,000マイル獲得の一例 】 実演:こうすればマイルは簡単に貯まるんです!(①クレジットカード申込み編)

【 一度の面談で約1万マイルを獲得! 】 実演:こうすればマイルは簡単に貯まるんです!(②無料保険相談編)

 

4.おさらい:マイル獲得までの流れ

具体的な内容は次回以降みっちりとお伝えしますので、特典航空券の獲得までの流れを整理してみますね。

1 ハピタスに登録する。
【 スマホ編 】 3分でできる!ハピタスの登録方法を画像で解説!
【 パソコン編 】 3分でできる!ハピタスの登録方法を画像で解説!

2 (ハピタスとは別に)超重要クレジットカード「ソラチカカード」(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)の入会を申し込む。審査が通れば自動的にANAマイレージクラブ入会にもなります。[審査はわりと軽いです。]
【 年間21万マイルを量産するカード 】 陸マイラーの必須アイテム 「ソラチカカード」の入手を実践!

3 ハピタスで、大量マイル案件(クレジットカード発行、保険相談、FX口座開設&少量取引)を時折やってみる。
【 一撃で18,000マイル獲得の一例 】 実演:こうすればマイルは簡単に貯まるんです!(①クレジットカード申込み編)

【 一度の面談で約1万マイルを獲得! 】 実演:こうすればマイルは簡単に貯まるんです!(②無料保険相談編)
【マイラー的FX攻略法1/3】 やらないのは損!マイルの宝庫・FXの基礎知識

4 1~2ヶ月間で結構なハピタスポイントが貯まるので、貯まったポイントをドットマネーギフトコードに交換申請する。
【 最大効率でマイルを生む中継地点1/3 】 ハピタスのポイントをドットマネーに交換する手順の実践

5 その頃には審査を通ったソラチカカードが手元にあると思うので、カードの発行元である東京メトロの「To Me CARD会員専用サイト」に登録し、ドットマネーからメトロポイントに交換申請する。
【 最大効率でマイルを生む中継地点2/3 】 ドットマネーのポイントをメトロポイントに交換する手順の実践

6 ドットマネーからメトロポイントに変換されたポイントを、「To Me CARD会員専用サイト」でANAマイレージクラブのマイルに交換申請する。(ここは交換比率90%)
【 最大効率でマイルを生む中継地点3/3 】 メトロポイントをANAマイルに交換する手順の実践

 めでたくマイル獲得! 55,000マイル貯まったらヨーロッパ行きの特典航空券を予約
(つまり61,200ポイントあればヨーロッパ往復の航空券を入手できるのです!)

!なお、ANAではなくJALのマイルに交換する場合には!

6ex ドットマネーからJALマイレージバンクのマイルに交換申請する。
【 最大効率でマイルを生む中継地点-応用編 】 ドットマネーのポイントをJALマイルに交換する手順の実践
と応用すればOKです!

f:id:soccer-mile:20161003234756j:plain


以上、今回は超・低コストで海外に行くために大量のマイルを貯める方法のガイダンスをお伝えしてまいりました。
また、以下の関連記事にて、私が実際に21万マイル以上を獲得してきた記録や、ハピタスへの登録・ポイント案件の実施の一連の流れを掲載しておりますので、ぜひご覧いただき、ぜひマイルを使った海外サッカー旅行へのスタートを切っていただければと思っています!

マイルを貯め始めるなら今がチャンス!
3/31までの期間限定で、大量マイル獲得の定番サイト「ハピタス」に登録すると
1,000ポイントを貰えます

soccer-mile.hatenablog.jp


お金をかけずに
海外にも行ける! 大量マイル獲得の方法はコチラ

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 

《関連記事》

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
 

にほんブログ村 海外サッカー