サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ109試合を海外で観戦してきました。マイルを獲得しておトクに海外へ渡る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【プレーオフ対策】日本代表チケット 販売枚数が多いカテゴリーを調べてみた

f:id:soccer-mile:20170807144854j:plain


いよいよ佳境に差し掛かってきた、サッカー日本代表のワールドカップ予選。

最終予選の残る2試合のうち、最後のホームゲームである8月31日開催のオーストラリア戦チケットは、非常に熾烈な抽選となりました。

現時点で取れていない方も多いと思いますが、日本代表がプレーオフに回ることになったら、プレーオフのチケットはオーストラリア戦以上の競争になることが必至です。
もっと言えば、日本が3位になってなおかつグループAの3位が韓国になれば、アジアプレーオフで日韓戦が実現することになります。
そうなれば、ただでさえ高い抽選販売の倍率が、さらに跳ね上がることでしょう。

そこで今回は、オーストラリア戦のチケットはどのあたりの席が一般向けに販売されたか傾向を洗い出し万が一プレーオフが日本で開催されることになったらどのように抽選販売に申し込むべきか、フィードバックしていきたいと思います!

【 ワールドカップ予選のチケット情報など日本代表関連記事は ↓ コチラ】
【マイルでW杯観戦旅行】本大会期間中のロシア行き特典航空券を予約しました!

【日本代表 オーストラリア戦チケット】一般販売の抽選結果と2次抽選の詳細が判明!
【代表戦】チケットJFAバスの申込み方法・キャンセル方法・注意事項

【日本代表オーストラリア戦チケット】それでもあなたはカテ1に申し込みますか?

【4年前の裏ワザの再現なるか】最終予選オーストラリア戦 ビジター席の抽選に申し込んでみた

国内サッカー-日本代表 カテゴリーの記事一覧

【 いつまでお金かけて旅行してるの? 】
格安航空券よりも安くロシアへ!
2018年のワールドカップ観戦旅行にむけ、私は往復14,000円以下でJALのモスクワ直行便を予約しました^^

soccer-mile.hatenablog.jp

8/31 オーストラリア戦のチケットに関するひとつ前の記事はコチラ!

soccer-mile.hatenablog.jp

私はお金をかけずこんな風にマイルを貯めて、夏はビジネスクラスで北欧へ、年末はプレミアリーグ観戦旅行に行ってきます ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

8月末まで! マイルを貯め始める絶好のキャンペーンが実施中ですよ!

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


自由席は推測のしようがないので指定席に限った考察にはなりますが、オーストラリア戦のように重要度の高い試合ほど関係者枠が増え、私を含め一般の人が買えるチケットは少なくなります
もちろん、プレーオフに日本代表が出ることになったら、なおさらのことでしょう。

プレーオフに回ることなく日本代表がワールドカップ本大会出場を決められることが一番であることは言うまでもありませんが、もしもの時に備え、今から頭の片隅にこの情報を入れておいていただけると良いのかな、と思っています^^

【 まさに今、貯めたマイルでロシア&北欧に旅行中です! ワールドカップで使われるスタジアムでも試合観戦していますよ^^ 】

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

スポンサーリンク
 


1 ワールドカップ アジア最終予選の順位と日程

本題の前に、現在の最終予選の順位と残り2節の日程を確認してみましょう。

順位(マッチデー8終了時)

グループB
1位 日本 勝ち点17pt・得失点差+9・総得点15
2位 サウジアラビア 16pt・+7・15
------------------------------------------
3位 オーストラリア 16pt・+6・14
------------------------------------------
4位 UAE 10pt・-3 ・8
5位 イラク【敗退】 5pt・-3・8
6位 タイ【敗退】  2pt・-16・4
グループA
1位 イラン【突破】 勝ち点20pt・得失点差+8・総得点8
2位 韓国 13pt・+1・11
------------------------------------------
3位 ウズベキスタン 12pt・0・6
------------------------------------------
4位 シリア 9pt・-1・4
5位 カタール【敗退】 7pt・-4・6
6位 中国【敗退】 6pt・-4・5

残る2試合の日程

マッチデー 9

8月29日(火) UAEvsサウジアラビア
8月31日(木) 日本vsオーストラリア、タイvsイラク
韓国vsイラン、ウズベキスタンvs中国、シリアvsカタール

マッチデー 10

9月5日(火) オーストラリアvsタイ、サウジアラビアvs日本、イラクvsUAE
イランvsシリア、ウズベキスタンvs韓国、カタールvs中国

2 アジアプレーオフ(5位決定戦)の開催日

グループAの3位チームとグループBの3位チームがホーム&アウェイで対戦。
第1戦は韓国やウズベキスタンが属するグループAのホームで開催、第2戦は日本のいるグループBのホームで開催されます
日本開催の場合は埼玉スタジアム2○○2が会場となります。

現状では、グループAで3位になる可能性があるのは韓国・ウズベキスタン・シリア。
日本はグループBの3位以内は決まっているので、最低でもプレーオフ進出は決まっていますが、プレーオフともなると簡単な連戦にはならないものと思われます。

ちなみに、プレーオフに進まずにサウジアラビア戦までに本大会出場が決まっていれば、10/6(金)に豊田スタジアム、10/10(火)に日産スタジアムでキリンチャレンジカップが行われます。

開催日

第1戦:10月5日(木) アウェイ
第2戦:10月10日(火) ホーム(埼玉スタジアム)
※変更の可能性あり
【その後に控える大陸間プレーオフの情報など、プレーオフについて詳しく書いた記事は ↓ コチラをどうぞ!】
スポンサーリンク
 

 アジアプレーオフに進んだ場合のチケット販売日程は

こうならない方が良いに決まっていますが、念のため最悪の想定をしておくことも、的確で迅速な行動をとる上で大切です。
もしも日本代表が最終予選の残り2試合で未勝利に終わり、サウジアラビアとオーストラリアが勝ち点を上乗せして日本が3位になったら…。

そうなると、前述のように10月にアジアプレーオフに勝ち、さらに11月の大陸間プレーオフでも勝つ必要があります

その場合、アジアプレーオフのホーム開催は第2戦の10月10日(火)となり、最終予選の順位決定から1ヶ月ほどという短い期間でチケットが販売されることになります。
その期間内でこれまでと同様にファミリーマート先行販売や日本サッカー後援会優先販売があってから一般販売となるなら、従来よりも詰めた販売スケジュールになるはず。

ということで、その場合のチケット発売日程はこんな感じかな…と7月に想定してみましたので、ご参考程度にご覧になっていただければと思います。

soccer-mile.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク
 

4 オーストラリア戦のチケット販売機会別 販売席種・座席位置をまとめてみた

8月31日の最終予選・オーストラリア戦のチケットは、ファミリーマート先行販売も一般販売もかなり競争率が高く、もしもプレーオフに至った場合にはそれ以以上の競争になることでしょう。

そんな抽選に無策で臨むのは得策ではありません。
オーストラリア戦の事例に学び、突破口を見出すことで当選確率は多少なりとも上げられるか。それが重要になるのではないかと思います。

そこで、いつにも増して関係者枠が多かったと思われるオーストラリア戦において、どのような席種なら一般人でも当たりやすかったか、転売に出品されているチケットをもとに調べてみました!


方法は、「【日本代表オーストラリア戦チケット】それでもあなたはカテ1に申し込みますか?」の記事と同様。

出品されている内容から、列と席番の範囲のうち最も外側の座席だと仮定し、座席表に○印をプロットしていきます。

黄色い○が ファミリーマート先行販売、
赤い○が 日本サッカー後援会の先行販売、
黒枠付の白い○が 一般販売
となります。

(座席表のもとは、娯楽道様ウェブサイトhttp://www.gorakudoh.co.jp/zaseki_saitama_suta.htmにご掲載のものとなります。失礼致します。

f:id:soccer-mile:20170807144854j:plain

いかがでしょうか。

・カテゴリー1は、取れても南側の端っこが多い
・カテゴリー1だけでなくカテゴリー2も当選数は少ない模様。特にメインスタンドはカテ2も関係者枠が多くを占めているのか。
・カテゴリー3と4は、比較的一般向けの当選数が多い
・ファミマ先行は、特にカテゴリー4の南側が多い。しかし、かなり端か上。高価な席種や北側は非常に少ない

…のように、いろいろなことが読み取れると思います。

ファミマ先行も一般販売も5つしか希望席種を選べないのですから、「当たる可能性が極めて低い席種」で枠を捨てるのはなるべく避け、まだ可能性が高い部類の5席種に希望を傾注したいところです。

スポンサーリンク
 

5 抽選販売で狙うべき席種は

上記の画像を見れば一目瞭然ですが、サポーターズシートやカテゴリー5を御希望の方を除くと、以下の3席種は抽選の希望に入れるのはマストと思われます。

・カテゴリー3バック
・カテゴリー4メイン南
・カテゴリー4バック南


また、どうしてもロアースタンドで観たいんだ! という方は、カテゴリー2バック南を希望に含めておくと良いでしょう。

私もオーストラリア戦は一般販売でその席が当たりましたし、ファミマ先行のカテ2バック南はギリギリカテ5寄りのブロックが多いようですが一般販売はまずまずカテ1寄りのブロックでした^^


カテゴリー3メインは、テーブル付シートがあるおかげで、当選するとしても40列目以上の高ーーい位置になることが濃厚。両脇の下段までせり出しているブロックは関係者枠のことが多いです。

このあたりの座席だと、いくら埼スタでもさすがにピッチの臨場感はほど遠い印象になりますので、個人的にはあまりおすすめしない席種です。
同じカテゴリー3でも、まだバックスタンドの方がマシな席が当たる可能性は高くなります。

スポンサーリンク
 

まとめ:プレーオフに進んでしまった場合には、チケット争奪戦はより熾烈に。その時はオーストラリア戦の教訓を生かそう!

以上、今回は日本代表が万が一アジア最終予選で3位となりアジアプレーオフに出場することになった場合に備え、入手難易度がかなり高かったオーストラリア戦で比較的手に入れやすかった席種を分析してまいりました。

抽出元のデータはあくまで転売チケットであって、「転売者がいなかったが割り当てが多かった席種」がある可能性は否定できません。(むしろその方が良いに決まっています)
しかし、ちまたではこれほど多くの転売チケットが出回っているという現状を踏まえると、一般向けにチケット販売がされた席種・ブロックというのはあまり大きくは外れていないのではないかと思っています。

重要な試合ほど関係者向けの枠が増え、一般向けの枠が減ってしまうのはどの興行でも共通のこと。
関係者枠ばかりの席種に無理に希望を突っ込んでみても、勝算は小さいでしょう。


もちろん、オーストラリア戦かサウジアラビア戦でスッキリ勝って本大会出場を決めてほしいところですが、それが叶わなかった場合、チケット入手の準備期間が少ない以上、早めに情報を理解している人ほど有利な展開になるでしょう。

この記事が役に立たない展開になることを願いつつも、万が一の際にはぜひひとつの前例としてご活用いただければと思います!

(なお、筆者の海外旅行に伴い、コメントをいただいても返信には時間を要しそうな見込みであることを、あらかじめご了承ください。)

私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、超・低コストで海外サッカー観戦旅行に行っています

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

8月末まで! マイルを貯め始める絶好のキャンペーンが実施中ですよ!

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 あわせて読みたい 】

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー


当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.