サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ111試合を海外で観戦してきました。マイルを獲得しておトクに海外へ渡る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【ロシア旅行の心得】治安・通貨・言葉…現地で注意すべき12の罠と、意外に平気だった事柄(小ネタ集)

f:id:soccer-mile:20180505185046j:plain


今日は、ロシア旅行に関する小ネタ集です!

タイトルほど重々しいお話ではありませんので安心してください^^


6月から始まるFIFAワールドカップに向けて、ロシアへの渡航の準備を進めていらっしゃる方々も多いと思います。

そこで今回は、私が過去ロシアを訪れた際に現地で直面した「12個の罠」を挙げるとともに、意外と心配いらない「平気だった事柄」もピックアップしてまいります!


もちろん、ロシアで生活されている人や何度も訪れている人は全然違う捉え方をなさっているかもしれませんので、あくまで一介の旅行者が遭遇した出来事の集まりだと思っていただければと思います(^^;

いずれも基本的には笑って済ませられる範囲のことですが、先に知っておけばいざ困りそうになった時にも落ち着いて対応できると思いますので、
ロシアに行かれる方にはぜひお楽しみいただければ幸いです!

【 2018 ロシアワールドカップ本大会のチケット情報・観戦情報やロシア旅行に関する豆知識も随時更新しています!】 

soccer-mile.hatenablog.jp


【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ!

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

 

スポンサーリンク
 


1 罠の前に…ロシアの「案外旅行しやすい点」

まずは、気を付けるべき数々のポイントの前に、ロシア旅行の前は心配していたけれど意外と大丈夫だったことをご紹介してまいりましょう。

ロシアだからといって、過度に警戒しなくても大丈夫ですよ!

(1) 治安はそれほど悪くない

ロシアというと、報道のイメージで「こわそう」「やばそう」という先入観が持たれがちですが、実際に行くとそんなに危ないわけではありません。

都市部しか行ったことがないのでその範囲での感想ではありますが、常識的な行動をとっていれば危険に遭遇する可能性は低いと思います。


私が66ヶ国訪れた中での治安メーターで言えば、0から100までの目盛のうち、35とか40程度かなと。

(目盛の0が日本・台湾・シンガポール、100がメキシコ・ペルー・アルゼンチンの夜の路地です)


ヨーロッパの標準数値くらいですので、変に身構えることはありません。
夜道は結構暗くておっかないですけどね。

どちらかというと、この文の中盤以降で述べる「危険以外の事象」たちに気を付けた方がよろしいかと…。

(2) ルーブル安のおかげで物価が安い

ロシアの通貨「ルーブル」ですが、2018年に入ってまた一段とレートが下がっています。

私が2010年に行った時は1ルーブル=約3円、
2017年に行った時は1ルーブル=約1.9円でしたが、
今は1ルーブル=1.75円くらいのようですね。
(2018年5月5日時点)


日本人からしてみれば物価が去年より1割下がっているのですから、暮らしている人は大変かもしれませんが能天気な旅行者としては助かります。

私も、昨夏にロシアで(そんなに高級品ではありませんが)妻の分の指輪を購入しました。


ということで、ロシア国内で飲食や買い物をするのも今なら割安な水準。

ルーブル安の昨今は、他国だと高額になりがちな商品をロシアで買うという作戦もおすすめですよ^^

(3) クレジットカードはVISA、マスターカードなら問題なく使え、ATMキャッシングも余裕。【もちろんセディナカードでキャッシングすれば安上がりに!】

都市であれば、普段の支払いはクレジットカードが十分通用します。

観光施設の入場料も可。

JCBとアメリカン・エキスプレス(アメックス)が使える箇所は1つも見ませんでしたが、VISAとマスターカードのどちらかがあれば心配いらないでしょう。


もちろんクレジットカードを銀行などのATMに差し込んでキャッシングする方法もOK。

他の国を旅行する時と同様に、セディナカードのクレジットカードさえ持っていれば海外キャッシングしても3日~4日後にはロシアにいながらウェブ上で繰り上げ返済できるので、利息をごく僅かな金額に抑えられます

例えば2017年夏のロシア&北欧旅行では ↓ こんな感じでした。


旅に慣れている多くの人が利用している方法ですので、ロシアに限らず海外に行く機会がある人なら絶対マスターしておいた方が良いですよ^^


ちなみに、
5/13(日)までの期間限定で、ハピタスのポイントアップ特集ページ『みんなのポイント』を経由してから年会費無料の「セディナカードJiyu!da!」のウェブ申込みを済ませ、翌月10日までに税込5,000円以上のショッピング利用をするだけで 9,000円分のポイントを貰えます!

f:id:soccer-mile:20180504185018p:plain

さらに!
5/31までの期間限定でハピタスと当サイト「サカ×マイル」ではタイアップ企画を実施中!

以下の記事にある「500pt」と記載されたバナーを経由してハピタスにご登録すると、通常は30ポイントしかもらえないところ、500ポイントのボーナスポイントを貰える対象になります!

soccer-mile.hatenablog.jp


海外に行くのにセディナカードは持っていない…という方は、年会費無料の「セディナカード」か「セディナカードJiyu!da!」で十分なので、1枚セディナのクレジットカードを
持っておくと良いですよ^-^

(4) お金の基準を日本円で換算しやすい

f:id:soccer-mile:20180506191356j:plain


お金の話が続きますが、ルーブルは日本円で換算する時に計算しやすいという利点もあります。

とりあえずルーブルの金額に「×2」をすればOKです。


例えば、RUB 400と書いてあれば「だいたい800円弱」(2018年5月のレートなら700円ほどですが)と考えればいいので、ざっくりした貨幣価値の把握が容易なのは現地で結構助かります^^

(5) 言葉は、わからないなりになんだかんだ分かり合おうとしてもらえる

私自身、ロシア語は全然わかりません。
読めない・書けない・言えない・聞き取れない の四拍子です。

キリル文字を使う地域は、やはりアラブ圏とイスラエル、スリランカなどの次に難易度が高いですね。


対策としては、とりあえず事前に「読める字」を増やすだけでも違います。

が付け焼刃でやっていたのは、英語のバンド名をキリル文字で置き換えてみること。
これだけでも結構反射的に読めるようになりますよ!


実際のところ、ロシアでは英語をできる人は他のヨーロッパの国と比べるとそんなに多くはない印象ですが、普通のシティホテルなら英語がわかる人はきっといてくれるでしょう。

そして、ロシアの良いところは、困っている姿を見ると おっかない見た目の人でもなんだかんだ言って助けようとしてくれるところ。

全然助けてくれない人もいますが(笑)、言葉が通じなくても親身になってくれる人はきっといるので、困った場面があったら勇気を出して英語とジェスチャーで訴えかけましょう!

…と、
ここまでロシアの案外旅行しやすい面をお伝えしました。

それでは、ここからは本題、ロシア旅行の際に気を付けるべき いとおしき罠たち をご紹介してまいりましょう!

スポンサーリンク
 

 

ロシア旅行の罠1/
とりあえずみんな怒ってそうな口調

空港に着いた瞬間から思うのですが、みんな怒っています。

だんだん、怒っているのではなく「怒っているように見える」だけだと気付くのですが(^^;


特に強烈だったのが、サンクトペテルブルク郊外の観光名所・ペテルゴーフに行った時のこと。
入場券売り場は行列で、私の2人前の大柄なロシア人男性が窓口のおばちゃんからの案内を聞き返すときに

「あ゛あ゛ァんっ!?」

と2度怒鳴ったのでした。


厳密に言うと、怒鳴ったわけではなく普通に聞き返しただけだったようなのですが、こんな口調の人がそこらじゅうにいますので、事前に“そういうものだ”と思っておきましょう。

最初は現地の人と接する際に詰問されたような気になるものですが、実際に怒っている人は少数ですので。

 

ロシア旅行の罠2/
LINEが送れない

抜け道があるのかどうかはわかりませんが、私の滞在中はLINEの送受信は普通のトークも画像も不可でした。

フリーメールにアクセスしてメールを送受信するのも、ツイッターの投稿やDMで送受信することも可能だったので、どうしてLINEで送受信できなかったのかはわかりませんが、
ロシアに行くなら渡航前に周囲の人に「LINE以外の手段で連絡するかも」と予告しておいた方が無難でしょう。

 

ロシア旅行の罠3/
S7航空が半端ない

ロシアの国内線で最大の勢力を誇るS7航空。

ここはなかなか強烈なサービスを見舞ってくれますよ!

soccer-mile.hatenablog.jp


LCCではないのですが、「LCCでもこんな航空会社使ったことねぇよ!」という出来事が複数ありましたので、ご利用なさる方はぜひ上の記事をご覧になさってください^-^


あ、運航そのものは定時だったので心配ありませんよ!

お楽しみは、それ以外の面についてです…。

 

ロシア旅行の罠4/
地下鉄の乗り換えがえらい長い

サンクトペテルブルクの地下鉄について、利用のコツや特殊な魅力(?)をお伝えしたコチラの記事。

soccer-mile.hatenablog.jp


モスクワの地下鉄についても5月中に記事を書こうと思っておりますが、どちらの都市の地下鉄も、有事の際には核シェルタ-として市民を守れるよう(本当ですかね?)とんでもなく深い位置にホームがある駅が多数存在します。

高速エスカレーターが備えてあるので普通に使う分にはそこまで困りませんが、乗り換えの距離が長い駅もあるので、注意が必要です。


例えば、アエロエクスプレスでシェレメチェヴォ空港から到着した時に乗り換えるベラルースカヤ駅などは改札からえらい距離をたどってホームにたどり着く形状になっていますので、日本のような感覚でサクッと乗り換えできると考えるのはやめておきましょう。

スポンサーリンク
 

 

ロシア旅行の罠5/
夏でも夜は真剣に寒くなったりする

ワールドカップは6月から7月の開催ということで、日没時刻も遅く、まずまず涼しくて快適な日も多いはずです。

ただし、日中は晴れていて暖かい日でも、夜はしっかり冷え込む時があるので、衣類のチョイスには留意しましょう。


私が8月にモスクワのロコモティフ・スタジアムで夜の試合を観戦した時もそうでした。

試合前は22度くらいで快適そのものだったのが、試合が終わるころには小雨が降り始め13度に。

ロンT1枚で外出していた私は凍えながら小走りで宿まで帰りました。


たとえ晴天の日でも、夜の予報と気温までしっかり把握してから外出しましょう!

 

ロシア旅行の罠6/
ウィンナーコーヒーを頼んだらデフォルトでレモン味

サンクトペテルブルクの有名な「血の上の救世主教会」。

夕方そこへ行く前にその西200mくらいのに位置にあるカフェで休んだのですが、私がカフェラテ、妻が「クリーミーなものを飲みたい」とか言ってウィンナーコーヒーを頼んだ時のことでした。

f:id:soccer-mile:20180505185032j:plain


写真奥のグラスに入っているのがホットのウィンナーコーヒー。

ウィンナーコーヒーって、コーヒーに生クリームが乗っかったのを想像するじゃないですか。

でも、なぜかレモンの風味が強烈に仕込んであったのです。


妻が1口目で「ブフォッ!」となったので何事かと思ったのですが、試しに私も飲んでみたら、
やっぱり私も「ブフォッ!」となりました。

これをおいしいと感じる味覚はさすがに理解できません。

もしかしたらこの店だけかもしれませんが(笑)、
ロシアに行ったら変わったものを飲みたいとお考えの方はぜひお試しあれ!

 

ロシア旅行の罠7/
トイレの扉が開かない時がある

同じ店の出来事でもありますが、以下の記事で激烈におすすめしているピロシキ&ボルシチの名店「シュトーレ」さんでも発生した事件でした。

soccer-mile.hatenablog.jp


どちらも被害者は妻なんですが(笑)、トイレに行ったきり帰ってこないなぁと思ったら、どうやらドアの建付けが独特で、中から外に出ようとした時にどうやっても開かなかったそうです。

どちらのお店でも、大声を出して店員さんに気付いて開けてもらったそうですが、ある意味結構なホラーですので、飲食店のトイレを利用される方は念のため携帯電話を持って行くのをおすすめします。

 

ロシア旅行の罠8/
ニュースでガチの暴力シーンが流れる

何を言っているのかはわからないものの、なんとなく宿のテレビでつけておくのがニュース番組。

その国のふとした一面に気付けますしね^^


とはいえ、そこはロシア。

デモ隊と治安部隊が衝突したニュースなども流れるわけです。

で、そこで治安部隊が思いっきりデモ隊のメンバーをぶちのめしている様子が普通に放映されていたんですよね。
R指定ものの映像が。


どれくらいかって言うと、十津川警部シリーズ史上最も警部が激おこになって犯人をぶん殴り続けた「特急あずさ殺人事件」の逮捕シーンに相当する感じです。

私はそのニュースを見てもまぁ平気でしたが、妻はドン引きしていました(^^;

スポンサーリンク
 

 

ロシア旅行の罠9/
突然、水タバコゾーンに遭遇する

繁華街を歩いていると、たまに水タバコをふかす人たちが集まっている区画に出くわす時があります。

突然 甘ったるい独特な香りがムォ~~ンと漂いますので、苦手な人は気を付けましょう。例えばサンクトペテルブルクのゴスチヌイ・ドヴォールの西のカフェなどは結構強烈で、人によってはオエッとなるかもしれません(^^;

 

ロシア旅行の罠10/
行列の進むスピードがえらい遅い

f:id:soccer-mile:20180505190535j:plain

ロシアの観光名所などでは、長い列に並ぶこともしばしば。

その代表格が、上の写真の、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館ですね。
ここは3時間程度の入場待ちはザラ、さらに長くなることもあるそうです。

あ、それでも並ばずに裏口から入れる正当な方法もありますので、それは後日ご紹介しますね^^


さて、そうした行列なのですが、ロシアでは進み具合が非常に遅いです。基本的に接客している人が「並んでいるから早く応対しなきゃ」とはほとんど考えてくれません。

「望んで並んでるんだからしょうがないだろ」とマイペースに接客する人が多いので、列が進むスピードが遅いのも自然なこと。

『なるべく並ばずに済む手段』を事前に講じつつ、やむをえず並ぶときには覚悟して並びましょう。

 

ロシア旅行の罠11/
モスクワの渋滞がシャレにならない

ロシ大きな道路が多いモスクワですが、夕方などは場所によってとんでもなく渋滞します。

日曜日夕方のスパルタク・モスクワのホームゲームの時は、中心部から北西部に進む道路がすさまじい長さの渋滞に。

他の街では、試合前の移動で時間が無い時はタクシーを使うと一気にキックオフに間に合ったりすることもありますが、ワールドカップ開催時のモスクワでそれを望むのは非常に難しいでしょう。

 

ロシア旅行の罠12/
値札が大幅に間違っている

とどめはコレ。

冒頭にルーブル安の件で触れた指輪の購入の話題ですが、このお店で指輪に付いていた名札がことごとく間違っていたのでした。


値札を見ながら妻が希望の指輪を決めてレジに持っていったら、全然違う金額を伝える店員のお姉ちゃん。

「えっ、〇〇ルーブルじゃないの!?」

と聴くと、爽やかな笑顔で


「!? …フフッ、ジョーク

と返してきやがりました!


結局他の商品にしましたが、それさえも違う価格設定が続発。

ロシアでの買い物は、ちゃんとしたお店でも想像以上にテキトーだということを思い知る経験になりました(^^;

スポンサーリンク
 

 

まとめ:いろいろ想定外な出来事が起きるロシア旅行。ぜひそれも旅の楽しみにしていってください!

以上、今回は私がロシアを旅行した際に遭遇した予想外な「12の罠」や、案外不自由しなかった事柄などご紹介してまいりました。


この記事で挙げてきたように、ロシアでは思いもよらぬ出来事に多々遭遇することとなりました。

ヨーロッパの国々の中では旅行中の話題に事欠かない国のトップレベルに位置する言えるでしょう(^^;


といっても、昔とは違い、今は決して旅行しづらい国ではありませんので、この記事の内容程度のことは何度か遭遇するかもな~という心の準備をなさった上で ぜひ良い旅をなさってください

様々なハプニングも受け入れる広い心を持つことが、きっとロシア旅行の成功のカギになると思いますよ^-^


--------

そろそろワールドカップ開幕まで1ヶ月ほどということで、5月はロシアの観光・交通・食事など旅行に関する情報を多めに掲載していく予定です。
今後もお楽しみいただければ幸いです!

 

(この情報は2010年~2017年8月時点のものとなります。ご利用にあたっては念のため最新の情報をご確認ください。)

 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ!

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
本来高額なビジネスクラスも、マイルなら十分手が届きますしね ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 あわせて読みたい 】

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.