サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

陸マイラー的・2018ロシアワールドカップ観戦旅行。最新の旅費を試算してみた!

f:id:soccer-mile:20180304124702j:plain

 

【 6/29新着記事!】
これが「サカ×マイル」流のワールドカップ観戦旅行
マイルで大幅に旅費を削減しながら ビジネスクラスで快適な旅をしてきます!
⇒ 【交通費たった3万円台】ロシアW杯観戦の旅程決定!ビジネスクラスを満喫しながら行ってきます^^


★ ロシアワールドカップ 決勝トーナメントのチケットは現在ほぼ完売中。
しかし購入可能になるタイミングが訪れるかもしれないので、その展望記事をアップしました^^
 【ロシアW杯決勝T】リセール祭り近し?チケット&ホテルの在庫復活に備えておこう!


-------------


今日は、ロシアへのワールドカップ観戦旅行の旅費に関するお話です!

W杯の観戦チケットは、2月22日頃から販売段階2/抽選販売の結果が判明。

それに伴い、航空券や宿泊施設の予約を進めている方々も多いのではないでしょうか。


ワールドカップ観戦旅行の旅費については、2017年10月に概算してみたのですが(⇒【2018W杯ロシア大会観戦旅行】チケット・交通費・宿泊費…旅の予算を考えてみた )、
この時は私もまだチケットを取れておらず、どんな旅程になるかはアバウトなイメージのままでした。

その後、11月に私もチケットを押さえることができ、12月には組み合わせ抽選会で試合日程も全て確定し、ロシア国内での航空券や 観戦者向け無料臨時列車も予約しました。


そこで今回は、10月の概算から4ヶ月半経過し、2月末の時点で旅費がいくらくらいになりそうか最新の試算結果を載せていこうと思います!


もともと私は成田-モスクワ間のJAL特典航空券を予約していて大陸間移動が大幅に安く済んだので、
格安航空券で行く方はプラス10万円前後~15万円、
旅行会社の観戦ツアーで行く方はもっと高額な旅費が必要になる見込みですが、
ロシア国内の移動や宿泊費など 全体的な旅費の目安を掴む上でお役に立てていただければ幸いです。

【 7/31までの期間限定!】
普段はめったにポイントサイトに掲載されない 陸マイラーの必須アイテム「ソラチカカード」ですが、7月31日(火)までの期間限定で ECナビに登場しました!
ECナビを経由してからソラチカカードのWeb申込みを済ませれば、4,000円分のポイントを獲得できるので非常におトクですよ^^

⇒ 【7/31(火)までの期間限定】マイルビギナーは見逃し厳禁!!陸マイラーの必須アイテム『ソラチカカード』がECナビに登場、4,000円分のポイント+最大18,700マイルが貰える半年ぶりの大チャンス! 


【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ!

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

【 海外サッカーファンもJリーグサポーターも必見】
DAZNの登録はコレを知らないと損ですよ!

f:id:soccer-mile:20180403171058p:plain

スポンサーリンク
 


1 旅費の前に、確保済のチケットとその値段

まず、なにはともあれ観戦チケットが無いと試合を観ることはできませんので、私が現時点で取れているチケットを。

10月12日までの販売段階1/抽選販売ではクロアチア TST7(決勝戦まで観られる7試合セット)を申し込んだものの落選。

その後、11月16日の販売段階1/先着販売にて、各国のTST7は取れなかったものの、ヨーロッパ勢の中でプレーオフで直前に本大会出場決定・人口少なめ・人気的にもマニアックと三拍子そろったデンマークのTST6(準決勝まで観られる6試合セット)を取ることができました。
 

チケット代

デンマーク TST6・カテゴリー3/
112,469円(クレジットカード決済額)


TSTの4~7は、グループリーグの順位によって観戦できる試合が2パターンに分かれるため、2種類の旅程を検討する必要はありますが、
まずは最優先の旅程として、準々決勝と準決勝を観戦できる1週間程度の計画を立てています。

この後4章でも述べますが、その決勝トーナメント2試合に加えてできればグループリーグのどこかでも弾丸でもう1往復したいなぁと(^^;


ということで、少ない場合は2試合しか観られない中で12万円という結構な出費になりましたが、

決勝トーナメント終盤のチケットはカテゴリー1でないとなかなか取れない上、それすらも入手難易度は高め。

準々決勝と準決勝のカテゴリー1を買うよりもTST6のカテゴリー3を買った方が安いんですよね。

一般人向けのカテ1はバックスタンドコーナー付近の2階最上段になる可能性も否定できませんし、それならサッカー専用スタジアムのゴール裏の方が個人的には見やすいと思っているので、こうした選択をしたというわけです。


ということで、グループステージも追加で観に行けたらベターだとして、
まずは準々決勝と準決勝を観に1週間ロシアへ行くことを念頭に置いて予約した(+予約予定も含め)交通費や宿泊費など、トータルの旅費を試算してみました!

soccer-mile.hatenablog.jp

2 【本題】W杯の旅費を試算。まずはデンマークが1位通過or3位・4位でグループ敗退の場合、準々決勝ニジニ・ノヴゴロド⇒準決勝サンクトペテルブルクで2試合観戦

まずは、グループリーグの順位によって2パターンの旅程があるうち、3/4の確率で当たる準々決勝ニジニ・ノヴゴロド→準決勝サンクトペテルブルクという行程から行きましょう。

デンマークがフランスに勝っちゃったりしてグループCを1位通過した場合、あるいは3位・4位で敗退して1位のチームについていく結果になると、準々決勝はニジニ・ノヴゴロド、準決勝はサンクトペテルブルクでの試合となります。

交通費

成田⇔モスクワ 往復航空券代/
往路プレエコ利用・復路ビジネスクラス利用
65,000マイル+13,960

モスクワ→ニジニ・ノヴゴロド/
無料臨時列車

ニジニ・ノヴゴロド→サンクトペテルブルク/
【未手配】直通の定期寝台列車 1等寝台で1万円想定

サンクトペテルブルク→モスクワ/
【未手配】定期特急列車 4,000円想定

2位通過でソチ開催となった場合に備えて保険で取った航空券の取消料/
2,000円

約30,000円



成田とモスクワの間は往路プレエコ・復路ビジネスクラスで特典航空券を予約済で、往復65,000マイルと空港使用税等の諸費用13,960円でおさまりました。


ちなみに、特典航空券のように予約変更可能な運賃タイプですと往復プレエコでも40万円くらいしますので、片道をビジネスクラスのフルフラットシートで寝っ転がりながら乗れてこの程度のマイル数と金額でおさまるのは良い感じかなと思っています^^


モスクワから各開催都市間の航空券は、試合に合わせた便は片道4万円台もザラという高騰ぶりでしたが、2018年に入ってからは徐々に価格が落ち着きつつあります。

通常のロシア旅行よりはもちろん高いですが、多くの路線で1万円台、うまくいけば1万円未満で乗れる状況になってきています。

今後さらに価格の上下はあるでしょうから、未手配の方は定期的にサイトでチェックすると良いと思います^^


チケットとFAN IDがあれば無料で乗車できる臨時列車も活用しつつ、ニジニ・ノヴゴロドとサンクトペテルブルクの間は通常の寝台列車なら1本で行けるので、こうした手段も使いながら「ロシア 鉄道の旅」も満喫していきたいなと思っています!

宿泊費(1人あたりに換算)

モスクワ1泊/
4,850円

ニジニ・ノヴゴロド1泊/
5,740円

サンクトペテルブルク3泊
3泊で22,200円

モスクワ2泊/
2泊で9,700円


⇒7泊で計42,490円


抽選会直後は枯渇しつつあった宿泊在庫も、時折チェックしていれば悪くないホテルがヒットします。

観光都市・サンクトペテルブルクは問題ないでしょう。
モスクワも、ツインで1泊1万円弱やシングル5,000円程度のホテルはままあるので、最新の空室情報は別としても、随時チャンスはあると思っていて良いかと。


実はこの中でニジニ・ノヴゴロドが一番苦戦していて、ツインで1泊4万円のところしかなく渋々押さえていたのですが、
1月に中心地でツイン1泊11,000円ちょいのホテルが取れたので、どの都市も常識的な宿泊代の範疇で泊まれそうです。

コレは正直安心しました(^^;

合計

以上をトータルすると、
交通費と宿泊費の合計で72,500円ほどとなります

スポンサーリンク
 

soccer-mile.hatenablog.jp

3 デンマークが2位通過で準々決勝ソチ⇒準決勝モスクワとなった場合の増減額

続いて、デンマークが2位通過した場合、
この時には、準々決勝はソチ、準決勝はモスクワ ルジニキにてチケットが有効となります。


とはいえ、どっちみち観光と『直前にチケットが取れた場合』も視野に入れ、準決勝の1試合目が行われるサンクトペテルブルクには行く予定です(笑)。

ということで、先ほどの旅費を基準としつつ、どのくらい旅費が増減するか見ていきましょう。

交通費

モスクワ→ソチ/
上記のように、払戻し可能な航空券で 15,300円

ソチ→モスクワ/
【未手配】払戻し可能な航空券で 11,000ほど

モスクワ→サンクトペテルブルク/
【未手配】定期特急列車 4,000円想定

ニジニ・ノヴゴロド→サンクトペテルブルクの手配が不要に/
【未手配】-1万円想定

計20,300円ほどの追加を想定


ソチからサンクトペテルブルクまでのルートは、まだ直行便が高いので、乗り継ぎで飛行機のみにするか、モスクワまで飛んで列車にするか並行して考えているところです。


宿泊費(1人あたりに換算)

モスクワ1泊追加/
4,850円

ソチ1泊/
4,800円

ニジニ・ノヴゴロド1泊減少/
-5,740円

サンクトペテルブルク1泊減少/
-7,400円

計3,500円ほどの減少を想定


ソチ、というか、スタジアムのあるアドレル付近はリゾート地らしく安めの宿がたくさん選べる状態なので、やろうと思えばもっと安く済ませることは可能。

宿泊費を抑えたい人には良い開催地ですね!

合計

以上をトータルすると、
通費と合わせると、計16,800円ほどの追加となる見込みです。

soccer-mile.hatenablog.jp

仮に2位通過でこうなったとしても、交通費+宿泊費の合計は89,300円ほどに。

ここまでコミコミでも、格安航空券で日本⇔モスクワを単純往復するだけの価格と比べてもより安く済みます

マイルさまさまです、ホントに^^


これに、準決勝まで観戦できるチケット代12万円少々と、
その他、空港から市街地への交通費、食費、観光、通信費、お土産代などで計4~5万円を別途使うとしても(そんなに使わないと思いますが)、

総計25万円程度で足りそうな見込みで推移しています!


いざとなれば、ロシアへの往路プレエコ利用時と復路ビジネスクラス利用時にはそれぞれ空港のラウンジを無料で使えますし、

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(⇒このカードのメリットや、初年度年会費無料+大量の入会ポイントを貰ってマイル化する方法はコチラの記事にて)に付帯する無料プライオリティ・パスで年2回別の空港ラウンジも使えるので、
そこでガッツリ食べて合計4食分の食費を浮かせることも可能ですしね(^^;

soccer-mile.hatenablog.jp

スポンサーリンク
 

soccer-mile.hatenablog.jp

4 (あわよくば)せっかく安くおさまるのだから、グループリーグでもう1往復弾丸旅程で観に行けたら…

これはあくまでキャンセル前提ではありますが、

せっかくTSTを取っているので、デンマークのグループステージの試合ともう1試合を組み合わせた行程で往復の特典航空券だけは予約しています(^^;


モスクワと地方都市の間は未手配ですが、デルタ航空のスカイマイル利用で空席があるので、

JALとデルタのマイルを消費しつつ、キャッシュアウトは航空券の諸費用18,000円ほどで済み、宿も1泊分の5千円弱でおさまります。

チケット代や食費などを入れても合計4万円程度あれば大丈夫かなと!


まぁ7月の準々決勝・準決勝の旅だけで終わる可能性もありますしそれで十分ですが、そんな感じで計画というか妄想をしているところであります(^^;

この無茶な計画がどうなるかは、実際に展開が見えてきたらまた改めてお伝えします!

soccer-mile.hatenablog.jp

5 旅行会社のワールドカップ観戦ツアーに関する情報

最後に、気になさっている方々も多いであろう旅行会社のワールドカップ観戦ツアーについて。


2月下旬の時点で複数の会社が価格を公表し始めました。

ざっくり言うと、日本戦の1試合観戦で45万円~60万円、2試合観戦で95万円~100万円 という価格帯になります。


ツアーそのものの情報も大事なのですが、そのほかにもツアーを検討する際に意識しておきたい諸々の注意点もありますので、細かい内容は ↓ コチラの記事にまとめています。
【2018.2月最新】ロシアワールドカップ観戦ツアーの料金は?見逃せない注意点も把握しよう! 


観戦ツアーの参加をご検討されている方のお役に立てば幸いです!

soccer-mile.hatenablog.jp

スポンサーリンク
 

soccer-mile.hatenablog.jp

まとめ:チケット代以外の純粋な旅費は10万円少々でいけそうな『陸マイラー的・ロシアワールドカップ観戦旅行』。格安航空券や観戦ツアーで行かれる方にもご参考になればと…

以上、今回は陸マイラー歴2年少々の私が昨年から準備を進めているFIFAワールドカップ ロシア大会の観戦旅行について、手配済&今後手配予定の内容を含め旅費が何万円くらいになりそうか試算してまいりました


2月末の時点では、チケット代を除いた純粋な旅費は総額12万円前後で済みそうな状況となっています。

一方、格安航空券や旅行会社のワールドカップ観戦ツアーの状況を見ている限りでは、

・格安航空券でロシア往復をする人はプラス10万円~15万円くらいほど

・旅行会社の観戦ツアーで行く人のツアー代金は、1試合観戦で40万円台半ば~50万円、2試合観戦で95万円~100万円

という情勢です。


実際にこの大会期間中にマイルでロシアに行く人は少数だと思いますが、
同様に有償の航空券やツアーでロシア行きをご検討されている方々にも、
ロシア国内の交通や宿泊費に関して目星を付ける上で、ご参考にしていただければと思います。


今後さらに手配を進め、より詳しい旅費を示すことができるようになりましたら、また新しい内容に更新してお伝えしようと考えています。
最終的には、旅を終えて総額いくら使ったかもフィードバックしたいですね^-^ 

どの手段でロシアに行くかは人それぞれですが、そのいずれだとしても、ワールドカップ観戦でロシアを目指す方々のお役に立つことができれば幸いです!

(この情報は2018年2月時点のものとなります。ご利用にあたっては念のため最新の情報をご確認ください。)

soccer-mile.hatenablog.jp

【 6/29新着記事!】
これが「サカ×マイル」流のワールドカップ観戦旅行
マイルで大幅に旅費を削減しながら ビジネスクラスで快適な旅をしてきます!
⇒ 【交通費たった3万円台】ロシアW杯観戦の旅程決定!ビジネスクラスを満喫しながら行ってきます^^

【 7/31までの期間限定!】
普段はめったにポイントサイトに掲載されない 陸マイラーの必須アイテム「ソラチカカード」ですが、7月31日(火)までの期間限定で ECナビに登場しました!
ECナビを経由してからソラチカカードのWeb申込みを済ませれば、4,000円分のポイントを獲得できるので非常におトクですよ^^

⇒ 【7/31(火)までの期間限定】マイルビギナーは見逃し厳禁!!陸マイラーの必須アイテム『ソラチカカード』がECナビに登場、4,000円分のポイント+最大18,700マイルが貰える半年ぶりの大チャンス! 


【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ!

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

【 お金やマイルを貯めたい人は見逃し厳禁!】
8/31までの期間限定
超定番ポイントサイト『ハピタス』の限定ブログだけが許された登録キャンペーン計530ポイント貰えます!

soccer-mile.hatenablog.jp


【 海外サッカーファンもJリーグサポーターも必見】
DAZNの登録はコレを知らないと損ですよ!

f:id:soccer-mile:20180403171058p:plain


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
本来高額なビジネスクラスも、マイルなら十分手が届きますしね ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

【 あわせて読みたい 】

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

soccer-mile.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.