サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【2019/ビジター席&良席チケット購入の常識】J1・J2全クラブのチケッティングパートナーを把握しよう!(2019年最新版)

f:id:soccer-mile:20190310181833j:plain


2019年最新版に刷新するとともに、J2も全クラブを網羅しました!
-----------------

2月に開幕した2019年のJリーグ。

シーズン序盤の試合のチケットが、徐々に発売開始となってきました。

そうした中、ツイッターではビジター席のチケット購入の成否に関するツイートが最近増えてきたように感じられたため、今回はチケットの枚数が少ないビジター側や 指定席の良席を購入するためのコツをご紹介したいと思います!

( 写真=ローソンチケットをチケッティングパートナーとする柏レイソル。完売する試合も多い日立台での試合は、安易にチケットぴあ系のJリーグチケットで狙わない方が賢明です )


各クラブによってチケットの販売方針は多種多様ですが、チケットを取りやすくするためのコツは共通のもの。

サポーターとしてのキャリアが長い人にとっては常識と言っても過言ではありませんが、ライバルクラブ同士の対戦やシーズン終盤の重要な試合などのチケット購入ではコレを知っているか知らないかで差が付きますので、
チケットが完売になって買えなかった…という事態を極力避けたい方には、ぜひお役立ていただければと思います。


----------------
私は以下の記事の方法で、お金をかけずにマイルで国内旅行も海外旅行も繰り返しています!
     

【 2019年版 完成!】
主にJリーグ各クラブのサポーターの方々に向け、『2019年の旅行・アウェイ遠征を安く済ませる9つの方法』をまとめました!

もちろん、このテクを続けていけば海外サッカー観戦旅行も実現可能になりますので、海外サッカーフリークの皆様もぜひご覧になってください^-^

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


たった3
,800円程度の出費JAL国内線に2回も乗れる魔法、ありますよ ★

soccer-mile.hatenablog.jp


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 フットボール度の濃い話題がお好きな方はコチラもどうぞ^^ 】
◆ 【ロシアワールドカップ現地生観戦】準決勝 フランスvsベルギー観戦記 

【海外100試合超の生観戦から厳選】中に入った瞬間に荘厳なオーラに包まれるサッカースタジアム5選

生半可な海外スタジアムじゃ動じないぜ!という猛者達に贈る『狂気のスタジアム』5選 

【世界三大ダービー リアル観戦記】イスタンブール・ダービー。人生で最も長いマッチデー ~フェネルバフチェvsガラタサライ~

 【海外サッカー観戦の更なる深みへ】2部リーグも観に行こう!#4 ポルトガル編

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
 


1 最大のコツは、ホームチームの「チケッティングパートナー」を把握すること

この記事のポイントはこちら。

各試合のホームチームの「チケッティングパートナー」について理解することです。


これは要するに、そのクラブのチケット販売では どこのプレイガイドが一番幅を利かせているかです。

f:id:soccer-mile:20180210092324j:plain

( ↑ 例えば、清水エスパルスの場合はチケットぴあがチケッティングパートナーになっています。)


幅を利かせると言っても、スポンサーとしてクラブにお金を出してくれているからかもしれませんし、あるいは昔からの付き合いがずっと続いているからという関係かもしれませんが、
いずれにしても、それぞれのクラブにおける各プレイガイドの位置付けは決して平等ではなく、必ず優劣が存在します。


基本的にはチケットぴあと繋がっているクラブが多いのですが、全てのクラブがそうというわけではないのがミソ。

 

例えば、2018年2月9日に発売開始となった、2/24のFC東京vs浦和レッズの開幕。

チケットぴあではビジター自由席をはじめ複数の席種が完売となっていますが、ローソンチケットではビジター自由席が残っています。

■ チケットぴあの残券

f:id:soccer-mile:20180210092912j:plain

■ ローソンチケットの残券

f:id:soccer-mile:20180210092929j:plainf:id:soccer-mile:20180210092946j:plain


このように、ローソンチケットとのつながりが強く、チケットぴあの割り当て枚数が少なくなっているクラブもいくつかありますので、「どの試合もチケットぴあが一番取扱い枚数が多いはず」と考えていてはいけないのです。

※FC東京は2019年からチケットぴあがチケッティングパートナーとなったため、今後は逆の現象が発生します。

スポンサーリンク
 

 

2 「チケッティングパートナー」のプレイガイドを知っておくことのメリット

実際にチケッティングパートナーを知っていると、どのような場面でメリットがあるのか。

いくつかの要素に分けて考えてみました!

(1) 取扱い枚数が多い

最も大きい要素はコレ。

チケッティングパートナーのプレイガイドは大抵最も多い枚数のチケットを販売する権限があるので、そのプレイガイドを狙えばキャパの小さいスタジアムでもチケットを取りやすくなります

(2) 指定席も良い席が多い

同じ値段の指定席でも、取扱う列や席は各プレイガイドで異なります。

チケッティングパートナーのプレイガイドは、この中で比較的良い席を握っています。

同じ席種の中でも、中央寄りのブロックや前段・中段の列などですね。


例えば味の素スタジアムのFC東京のホームゲームの残券を座席選択画面で見てみると、チケッティングパートナーであるローソンチケットの方が、チケットぴあやイープラスなどと比べ中央寄りの席や前方の列の席が出てきます。

だいたい列やブロックごとに各プレイガイドの割り当てが決まっているのですが、その中で良い席に当たりやすいのはチケッティングパートナーのプレイガイドというわけです。


ブロックごとにプレイガイドを分ける場合もあれば、
22列目まではA社、23~28列目はB社、29・30列目はC社…みたいに分けているクラブもある、と考えるとイメージしやすいかもしれません。

(3) クラブ会員向けの良い席が回ってくることもある

これはクラブによって全然違うので、「こういうこともあった」という程度でお願いします(^^;


各クラブではサポーター会員向けに優先販売・先行販売がされるわけですが、その販売にも絡んでいるのがチケッティングパートナーです。

で、クラブによっては優先販売と一般販売でチケットのブロックや列を分けており、一般販売後に優先販売を終了するケースもありました。

そうなった場合、優先販売で売れ残った席は、チケッティングパートナーのプレイガイドによる一般販売で購入可能になったのです。


こうした方式の売り方をしているクラブが現在どのくらいあるのかは正確に理解していませんが(どちらかというと席の枠より価格差を会員特典にしているクラブが多いため)、日本代表の試合における『関係者枠』の戻り分によって良席を買える現象と似たようなことがありますので、
この観点からもチケッティングパートナーのプレイガイドを選ぶ方が有利になるでしょう。 

スポンサーリンク
 

 

 【2019年版】J1全18クラブ+J2全22クラブのチケッティングパートナー 一覧

それでは、2019年のシーズンには各クラブがどのプレイガイドと手を結んでいるのか、可能な範囲で地道に調べてみました!

J1は全18クラブ、J2も全22クラブの分をまとめました^^

(1) チケットぴあ

J1

コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
FC東京【2019年、ローソンチケットから変更】
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ
松本山雅FC
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
セレッソ大阪
サンフレッチェ広島
サガン鳥栖
大分トリニータ
 

このほか、日本代表もチケットぴあ系がパートナーとなります。

チケットJFAはチケットぴあのシステムですので。

J2

モンテディオ山形
栃木SC
東京ヴェルディ
横浜FC
ツエーゲン金沢
FC岐阜
京都サンガ
ファジアーノ岡山
レノファ山口
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
V・ファーレン長崎
(※ただし長崎は、発売初日ならローソンチケットの方が取りやすい傾向あり)

鹿児島ユナイテッド
FC琉球


大多数のクラブがパートナーにしているのは、やはりチケットぴあ。

Jリーグチケットはもちろん、鹿島の「鹿チケ」や川崎の「チケフロ」などクラブ独自のチケット販売サイトも、実際にはチケットぴあのシステムを使っています

(2) ローソンチケット

J1

なし

J2

ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
FC町田ゼルビア
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟

(3) セブンチケット

J2

水戸ホーリーホック
(※ただしチケットぴあの取扱分の方が多い可能性あり)

大宮アルディージャ

(4) 楽天チケット

J1

ヴィッセル神戸


一筋縄ではいかないのが、この神戸の販売スタイル。

親会社に関連する楽天チケットを優遇するのは当然ですが、ここの指定席は他のプレイガイドだとかなり外れの席が多い印象です。

実際にチケットぴあやローソンチケットで残券を見てみると、同じ席種でもびっくりするくらい端か上段になることが多いので、ぜひ試してみてください(^^;


なので、基本的には神戸のホームゲームで指定席を買う場合には、なるべく楽天チケットを選ぶのが賢明です。

なお、楽天チケットでは以下の方法を使うとポイント/マイルを二重・三重取りできるので、ぜひご活用ください^-^

【ヴィッセル神戸チケット】座席選択可能&マイルもWで貯まる購入方法

 

以上を総合すると、ほとんどのクラブがチケットぴあをパートナーにしている模様です。

ただし、気を付けたいのは、J2のジェフ千葉・柏レイソル・町田ゼルビア

この3クラブは、ローソンチケットの取扱いが多く、注目カードだとチケットが完売するケースが時折あります。

なので、これらのクラブのチケットを買う時は、安易にチケットぴあや同じ系列のJリーグチケットで狙わずに、ローソンチケットを最優先して取りにいくことが望ましいでしょう。


特に、1万人少々しか収容せずアウェイ席も狭い日立台をホームとする柏レイソル。

人気カードはチケットぴあ系のJリーグチケットではすぐに完売しますが、ローソンチケットならまだ残っている…という場面は多くあります。

日立台の狭いビジター自由席/ビジター指定席を買おうとする方は、できる限りローソンチケットでトライすることをおすすめします

スポンサーリンク
 

 

まとめ:チケットの枚数が少ないビジター席や良い位置の指定席を買いたい場合は、なるべくチケッティングパートナーのプレイガイドで狙おう!

以上、今回はまもなく開幕する2019年のJリーグについて、人気の試合や席種でも可能な限りチケットを買いやすくするためのプレイガイドの選び方をご紹介してまいりました。


これを知っているか知らないままでいるかは、チケットの需要が高まる重要な試合でこそ差が付くもの。

実際に私は、

・収容人数の少ないスタジアムや混雑しそうな試合のチケットは、そのクラブのチケッティングパートナーのプレイガイドで購入

・完売しそうにない試合は発券手数料がかからないセブンチケットで直接発券

…と、ホームチームや試合の重要度に応じて購入方法を使い分けています。


Jリーグの試合を生で観戦する機会が多い方々には、ぜひこの概念を頭の片隅に入れていただき、大事な試合や人気の席種でもしっかりとチケットを確保することに役立てていただければ幸いです^-^

 

(この記事の情報は2018年2月10日初回掲載分に2019年3月9日に追記をしたものとなります。ご利用にあたっては念のため最新の情報をご確認ください。 

 

【 2019年版 完成!】
主にJリーグ各クラブのサポーターの方々に向け、『2019年の旅行・アウェイ遠征を安く済ませる9つの方法』をまとめました!

もちろん、このテクを続けていけば海外サッカー観戦旅行も実現可能になりますので、海外サッカーフリークの皆様もぜひご覧になってください^-^

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 海外サッカーファンもJリーグサポーターも必見】
DAZNの登録はコレを知らないと損ですよ!

f:id:soccer-mile:20180403171058p:plain


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
ワールドカップ観戦もビジネスクラスで実現できました ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


<2018年の
年間マイル獲得実績はコチラ!>

 

【 あわせて読みたい 】

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

 

 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.