サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【光り輝くサンクトペテルブルク】W杯準決勝の試合後は夜の世界遺産を散策!深夜の駅前の飲食店事情も併せてレポート

f:id:soccer-mile:20190208194447j:plain


今回は、ロシアワールドカップ準決勝を観戦した試合後の模様について、帰り道の混み具合や夜のサンクトペテルブルク市街の名所散策などを中心にお伝えします!

お金をかけず・飛行機にも乗らずにマイルを量産する方法 で貯めたマイルを使って実現したロシアワールドカップ観戦旅行。


接戦となったフランスvsベルギーの準決勝を観戦した後は、地下鉄でサンクトペテルブルク中心地に向かい世界遺産の夜の街を散策。
そして、モスクワ行きの夜行列車が出発するモスコフスキー駅の周辺で深夜の食事にありつき、夜行列車の乗車に向けた買い出しも完遂しました。

今回はそのレポートを現地の写真とともにお届けします!


ワールドカップの時期でないとこんな夜中まで出歩くことはなかなかないと思いますが、夜のサンクトペテルブルクの雰囲気を知りたい方や、深夜に駅周辺での飲食や食糧調達をしたいとお考えの方にとってお役に立てばと思っています^-^

サンクトペテルブルクはEURO2020でも開催地になりますので、ユーロ現地観戦をご計画中の方もぜひお楽しみください!

【 この旅のバックナンバーはコチラ 】

 普通席なのに『本来は国際線ビジネスクラスとして使われる席』に計算通り乗れた 羽田⇒関西

◆ プライオリティ・パスを携えて関空3階のお好み焼き屋「ぼてぢゅう」さんで朝から暴食した実践レポート

◆ マイルを使ってフィンエアーのビジネスクラスに乗った 関西⇒ヘルシンキ

◆ 日本サッカー協会のT嶋会長と同じ便に居合わせてしまったヘルシンキ⇒サンクトペテルブルク

◆ サンクトペテルブルクの空港からスタジアムへの道。FAN IDの入国審査、チケットセンターでの当日発券、スタジアムへ向かうシャトルバス…試合開始1時間50分前の空港到着でもキックオフに間に合いました!

◆ 【ロシアワールドカップ現地生観戦】準決勝 フランスvsベルギー観戦記 

 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

たった3,800円程度の出費JAL国内線に2回も乗れる魔法、ありますよ ★

soccer-mile.hatenablog.jp


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 フットボール度の濃い話題がお好きな方はコチラもどうぞ^^ 】
【海外100試合超の生観戦から厳選】中に入った瞬間に荘厳なオーラに包まれるサッカースタジアム5選

生半可な海外スタジアムじゃ動じないぜ!という猛者達に贈る『狂気のスタジアム』5選 

【世界三大ダービー リアル観戦記】イスタンブール・ダービー。人生で最も長いマッチデー ~フェネルバフチェvsガラタサライ~

 【海外サッカー観戦の更なる深みへ】2部リーグも観に行こう!#4 ポルトガル編

 

スポンサーリンク
 

1 サンクトペテルブルク・スタジアムから地下鉄で市街地へ

試合後、南ゴール裏やバックスタンドまでゆっくりスタジアムを観察した後は、前年の訪問時と同様、バックスタンド側から退場します。

南側を向くと、ライトアップされた橋が綺麗に見えます。

f:id:soccer-mile:20190208194510j:plain

時刻は23:20頃ですが、夏至から半月ほど経った時期ということで日本の夕方くらいの明るさですね。

バックスタンド中央を出た位置から見下ろしてみると、64,000人以上が詰めかけただけあって圧巻の人数です!

f:id:soccer-mile:20190208194513j:plain 


オフィシャルショップの小屋もありましたが、長蛇の列だったのと夜行列車乗車時までは荷物を少なめに抑えたかったので、チラ見だけにしておきました。

買い物は翌日の準決勝2試合目(クロアチアvsイングランド)にとっておきたかったので…。


駅へと進む方向を示す案内はこのような感じ。

真っ直ぐ歩けばクレストフスキー・オストロフ駅、右に進んで回り込めばノヴォクレストフスカヤ駅に繋がります。

f:id:soccer-mile:20190208194517j:plain


さて、このスタジアムは 前回の記事 でもご紹介した通り大変立派なんですが、メインスタンド側の裏手はまだまだ工事中。
せっかくメインからすぐの所に地下鉄3号線のノヴォクレストフスカヤ駅を作ったのに、今はまだバックスタンド側にしか入場ゲートがない ので、結局バック側から南ゴール裏方向へぐるっと時計回りに半周しないと駅に着けません。

f:id:soccer-mile:20190208194521j:plain


そのため、結局この日はスタジアムを出てから駅まで20分歩き続けることになりました。

さらに、地下鉄の駅の入場待ちの列で10分ほど並び、ようやく駅の中へ。

f:id:soccer-mile:20190208194525j:plain


スタジアムから改札までは結局30分くらいかかったので、前年に利用した2kmほど離れたクレストフスキー・オストロフ駅まで歩いたとしても同じくらいの時間で済んだのではないかと思います。

 

2 夜のサンクトペテルブルクで世界遺産を散策。

駅の構内に入り、エスカレーターで下降。

改めて客層を見ると、本当にいろいろな国の人がいますね。
さすがワールドカップです。

f:id:soccer-mile:20190208194529j:plain


地下鉄3号線はかなり頻繁にピストン運行されており、まったく待たずに乗車。

混雑も大したことなく、3駅で市内の中心部に位置するゴスチヌイ・ドヴォール駅に到着です。

この時点で0:15頃。

モスクワ行きの夜行 列車の発車が2:40なので、ここで一旦地上に上がって寄り道をします。

f:id:soccer-mile:20190208194502j:plain


この付近の街並みは昼でも十分美しいのですが…、

夜になるとさらに絢爛豪華に

f:id:soccer-mile:20190208194452j:plain


どこを向いても煌びやかで、「この街はきっと昔からこうだったんだろうな…」と思うような、時代を超えたムードが広がっています。

f:id:soccer-mile:20190208194532j:plain


そんな中を、いろいろな国のユニフォームを来た人たちが歩いているので、そのアンバランスな感じがワールドカップらしいですね(^^;


カザン聖堂の近くで野良WiFiを拾って嫁さんにメールし(日本は朝6時過ぎなので、ZIP!でも見ている頃だったのか即レスが来ました)、光り輝く夜のサンクトペテルブルクを散策します。

あ、ロシアは今のご時世ではそんなに治安は悪くないので、都市部なら0時過ぎに一人で出歩いてもそんなに問題はないかと思います^^

まずは大通りの真ん前にあるカザン聖堂。

f:id:soccer-mile:20190208194443j:plain


昼も綺麗ですが夜もさすがの風格です!

続いて、運河沿いを歩いてサンクトペテルブルクといえばココ!という場所へ。

f:id:soccer-mile:20190208194447j:plain


これが、血の上の救世主教会です。

いつもは真ん前まで行けるのですが、この奥にファンフェストがあるからか、単に警備上の都合か、150mくらい手前で封鎖されていました。

まぁここから撮る姿が一番美しいので良しとしましょう。

この教会を綺麗に撮るなら、明るい時間帯よりも夜の方がおすすめ。
その理由やサンクトペテルブルクの他のおすすめ撮影スポットはこちらをどうぞ!

⇒ 【絶景撮影スポット地図】サンクトペテルブルク5選!ガイド本より詳しく行き方やベストな撮影時間帯などもご紹介 <シリーズ第4弾>

 

スポンサーリンク
 

 

3 サンクトペテルブルクのモスコフスキー駅付近で24時間営業の食堂と商店を発見! なんとか命の休息に成功…

サンクトペテルブルクの街の中心部をぶらぶら夜歩きしていたらあっという間に1時を過ぎてしまったので、そろそろモスコフスキー駅に向かうことにします。

ゴスチヌイ・ドヴォール駅に戻り、再び地下鉄3号線のホームへ。

f:id:soccer-mile:20190208194506j:plain


1時間前と比べれば試合後の人波もかなり収まり、人影は少なくなっていました。

この駅は、サンクトペテルブルクの地下鉄ならではの「水平エレベーター」を搭載。

列車が着いて中からどんなキャラが出てくるのか、扉が開く瞬間までわからないRPG感がたまりません^-^

面白ネタならどの街の地下鉄よりも上!
サンクトペテルブルクの地下鉄の乗り方や攻略法はこちらをどうぞ!

⇒ 【これぞリアルRPG】サンクトペテルブルクの地下鉄の乗り方をマスターしよう!


ゴスチヌイ・ドヴォール駅からは、1駅だけですが5分くらいかかる距離のマヤコフスカヤ駅へ乗車。

降りたらビックリ。
真っ赤な装飾がインパクト大な、強烈なホームでした!

f:id:soccer-mile:20180825195350j:plain

水平エレベーターと組み合わせるとかなりのパンチ力ですね。


階段を下りると、ホームとは裏腹に地味な様相。

ここを上がれば国鉄のモスコフスキー駅に着けます。

f:id:soccer-mile:20180825195414j:plain


めちゃくちゃ長いエスカレーターを上っていると、停止していた1機で粛々と清掃が行われていました。

この長さのエスカレーターを掃除するなんて、気が遠くなりそうな上、バランスを崩して転倒したら瀕死の重傷を負いかねない危険作業ですから、頭が下がります。

地上に出ると、そこはロシア国鉄のモスコフスキー駅の真ん前!

f:id:soccer-mile:20180825195358j:plain


その名の通り、ここからモスクワ方面への列車が発着します。

向かい側に渡って駅を見渡すと、ロシア感満点の圧倒的な風格!

f:id:soccer-mile:20180825195402j:plain


夜中の1時半頃なのですが、空は真っ黒ではなく、薄い群青色になっています。

夏至直後のこの地域ならではの不思議な光景ですね。


さて、列車の出発まで1時間ほどありますが、いよいよお腹が減ってきました。

サンクトペテルブルクに着く前にヘルシンキの空港のラウンジで17時頃まで無料のフードファイトをしてきたので試合後までは何も食べなくても平気でしたが、さすがに食後8時間半経過すると空腹になってきます。
さらにこの後は10時間以上列車に乗るため、このタイミングで食事をできるか否かが非常に重要だったのです。

というわけで、食事にありつける場所はないか、駅の周辺をうろうろすることに。

f:id:soccer-mile:20180825195406j:plain


駅の目の前のバーっぽいお店があったのですが、各国のサッカーファンで満員。

も う少し左に進み、駅を正面から見るような位置に24時間営業のファミレスっぽい店があったので、ここに入りました。

f:id:soccer-mile:20180825195417j:plain


さすがに駅前の人影もあまりない時間帯に差し掛かっていたので、これらの他には開店中の店舗は見当たりませんでした。

ロシアによくある構造のお店で、半地下っぽく階段を下りて店内に入ります。

ここは、奥で食べたいものをよそってレジで支払う形式。

ボルシチ、肉とジャガイモの煮物、パンで合計240ルーブルでした。
この量でも430円くらいですね^^

f:id:soccer-mile:20180825195410j:plain


海外一人旅をしていると、こうした無言の時間も良いもの。

自分自身をチューニングする時間というか、日本での自分から一旦離れて本来の自分の姿に戻る時間というか、このひとときもまた好きなのです。


食べ終わったら、万が一列車が大幅に遅延した時に備えて飲み物やお菓子を買っておきましょう。

駅を出て右に進んでいく道沿いに、24時間営業の商店兼酒屋みたいなお店があります。
ここで水とよくわからない現地の炭酸飲料とポテチとチョコをゲット。

f:id:soccer-mile:20180825195346j:plain


この時間にお店に出入りするのは旅人か地元のスケボー兄ちゃんみたいなのばかりなので雰囲気は少々おっかないかもしれませんが、夜行列車に乗る前の食糧調達は重要なのでなるべく済ませておきましょう。


時刻は2:15頃。

海外の長距離列車は乗り込む際に時間がかかるケースがよくあるので、そろそろ駅の中に入ることにします!

X線検査があるので駅の入口はものものしい感じです。

f:id:soccer-mile:20180825195355j:plain


この続きは、ロシア国鉄夜行列車の3等寝台乗車レポートとしてまた後日みっちりお伝えしていきますね^-^


スポンサーリンク
 

 

とめ:試合後の移動は予定通り進み、2:40発の夜行列車に乗車。モスクワ行き寝台列車の3等寝台乗車レポートもお楽しみに!

以上、今回は 貯めたマイルでビジネスクラスを利用して旅した2018ロシアワールドカップ現地観戦旅行 の1試合目、準決勝 フランスvsベルギーの試合観戦 を終えてからサンクトペテルブルクの夜間散策やモスコフスキー駅周辺の深夜の飲食店・商店情報を交えて旅路をお伝えしてまいりました。


この時に訪れたサンクトペテルブルクの滞在時間はたったの7時間半でしたが、空港到着~試合観戦~市内の散策~食事と買い出し~夜行列車乗車…と、すべて予定通り進めることができて安堵しました。

とはいえもし延長戦・PK戦までもつれていたらあと50分くらい遅くなっていたので、街歩きの時間はなくなり、食事の時間も慌ただしくなっていたかもしれません 。

やはり、試合後は混雑するのが当たり前だと捉え、なるべく時間に余裕を持って計画を立てるのが大切ですね(^^;


サンクトペテルブルクの街は相変わらず危ない雰囲気が無く、なんといってもとてつもなく美しいので、まだ来たことがないという方にはぜひ一度訪れていただきたいなと思っています!


ロシアワールドカップ観戦旅行のレポートは、次回はモスクワへの夜行列車の模様をお届けします。

この先も、モスクワの街での出来事や、延長戦にもつれる死闘となった準決勝2試合目・クロアチアvsイングランドの観戦記、そしてアエロフロートのビジネスクラス搭乗レポート…と、どんどん載せてまいりますので、今後も引き続きお楽しみいただければ嬉しいです^-^


 世界66ヶ国を旅し 113試合を海外で観戦した経験、そして16シーズンにわたりJリーグクラブのコアサポをやっていた経験をもとに、海外サッカー・国内サッカー・代表戦などの情報や海外・国内の旅行情報、そしてマイルの貯め方も独自の視点でお届け!
ブログに書けない内容は「サカ×マイル」のツイッターでもお伝えしています^^

⇒ @saka_mile_blog


(この記事の情報は2018年7月時点のものとなります。)

 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

たった3,800円程度の出費JAL国内線に2回も乗れる魔法、ありますよ ★

soccer-mile.hatenablog.jp


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
本来高額なビジネスクラスも、マイルなら十分手が届きますしね ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


<2018年の
年間マイル獲得実績はコチラ!>

 

【 あわせて読みたい 】 

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.