サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【ラグビーワールドカップ2023ガイド】次のW杯の開催地・試合日程は? 次の日本開催まで待てない人はぜひ観に行こう!

f:id:soccer-mile:20191029224303j:plain


南アフリカ代表の優勝で幕を閉じた、ラグビーワールドカップ日本大会。

「ワールドカップ最高! 次の大会も観に行きたい!」とお感じの皆様へ、4年後の2023年大会について開催国や開催都市、試合日程などをガイドしてまいります! 

 

1987年に開始されたラグビーワールドカップは、2019年の日本大会が9回目。

次の2023年大会が10回目の開催となります。

私自身、この日本大会の開幕戦が人生初のラグビーW杯観戦となりましたが、その開幕戦はもちろん、横浜でのアイルランドvsスコットランドも、福岡でのイタリアvsカナダも、熊谷でのアルゼンチンvsアメリカも、横浜での日本vsスコットランドも、試合後には「次の日本開催まで待てない! 4年後も観に行きたい!」と強く感じました。

試合前のムード、出場国サポーターの歌声や声援、試合中の迫力、そしてノーサイド後のすがすがしさ…それらの素晴らしさから、同じようにお感じになった人もきっと多いことでしょう。


サッカーもラグビーも好きな私にとって、それぞれの魅力や醍醐味がある2競技に優劣を付けるなんてナンセンス。
一度きりの人生なのですから、どちらも存分に楽しめば良いのです。

そして、自国開催の2019年大会を経験することで、サッカーのワールドカップとはまた違うこの大会の魅力を体感するのは「一生に一度」なんてもったいないなと実感しました!

きっとあっという間に開幕が迫るであろう4年後のワールドカップ現地観戦に向けて、今のうちからスケジュールや開催地をチェックして備えていきましょう^-^

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
 

 開催国・開催都市

それでは、さっそくラグビーワールドカップ2023の開催地を見ていきましょう!

(1) 開催国

2023年大会の開催国は、フランス

南アフリカ、アイルランドとの競合を制し、2007年大会以来4大会ぶりのW杯開催を勝ち取りました。

2019年にはサッカーの女子ワールドカップを成功させ、2024年にはパリオリンピックも予定されています。

夏季五輪の前年のラグビーワールドカップ開催ということで、2019年大会の日本と似た状況になりますね。

(2) 開催都市

f:id:soccer-mile:20190929113406p:plain

 https://en.wikipedia.org/wiki/2023_Rugby_World_Cupより)


ワールドカップの開催都市となるのは、9都市の予定です。

サンドニ(Saint-Denis)
80,698人収容

リール(Lille / Villeneuve-d'Ascq)
50,157人収容

ナント(Nantes)
35,322人収容

リヨン(Lyon / Décines-Charpieu)
59,186人収容

サンテティエンヌ(Saint-Etienne)
41,965人収容

ボルドー(Bordeaux)
42,115人収容

マルセイユ(Marseille)

67,394人収容

ニース(Nice)
35,624人収容

トゥールーズ(Toulouse)
33,150人収容


ナントを除き、いずれもサッカーの欧州選手権「EURO 2016」の会場となったスタジアムばかり。

最も収容人数の多いパリ郊外サンドニの「スタッド・ド・フランス」がメイン会場となる模様です。

続いての『格』で言えばリヨンとマルセイユになるので、これらでも決勝トーナメントや開催国フランス戦などが行われることになると見るのが自然でしょう。


街としては、私が行ったことのある中ではリール、リヨン、そしてリヨンから列車で1時間程度のサンテティエンヌも素敵な場所。

リールはパリ郊外のシャルル・ド・ゴール空港からTGVで40分程度ですし、ロンドンやブリュッセルなど隣国へも列車で抜けられるので、観光を含めて特におすすめですよ^-^


リールの街について写真付きでお伝えした過去記事はコチラ!
 
交通・観光・宿泊…リールを快適に旅する豆知識

 

スポンサーリンク
 

 

 大会スケジュール・試合日程・時差

現在のところ試合日程で決まっているのは、2023年9月8日(金)に開催される開幕戦と10月21日(土)に開催される決勝戦のみ。

とはいえ、スケジュール的には2019年大会とほぼ同様で若干前倒しになるだけなので、試合日程を推測することは難しくありません。

 

2019年大会に準じると、2023年大会は以下のような試合日程になるのではと見込みます。 

9月8日(金) 開幕戦

10月1日(日) プール戦 最終戦

10月7日(土)・8(日) 準々決勝 各日2試合

10月14日(土)・15(日) 準決勝 各日1試合

10月20(金) 3位決定戦

10月21日(土) 決勝戦


おそらくこの年は、9/16~18と10/7~9が日本の3連休になると思うので(残念ながら秋分の日は土曜日に吸収)、連休を絡めてフランスへW杯観戦をしに行くならプール戦の前半と準々決勝がちょうどよさそうですね!


なお、サッカー観戦も絡めるなら、各週末のフランスリーグ「リーグ・アン」のほか、9/19・20、10/3・4、10/23・24にUEFAチャンピオンズリーグが開催されるのではと思われます。
(CLのレギュレーションが現状通りであれば、ですが)

また、10/12~17にEURO2024ドイツ大会の予選が組まれそうで、11月の最終節を前にした重要なラウンドになりそうですので、これらを組み合わせてラグビーとサッカーを複数観戦していく旅行にするのも魅力的ですね!

 

3 時差

大会期間中はサマータイム期間中のため、全会場とも日本時間から-7時間

(フランスが17時のとき、日本は翌日0時)

 

4 本大会出場国

ラグビーワールドカップ2023の出場国は、現行と同様の20チーム

既に出場が決まっている開催国フランスのほか、2019年ワールドカップで各プール3位以内に入った計12チームが2019年のうちに出場権を手にします。

その後、各大陸予選、大陸間プレーオフ、そして敗者復活トーナメントを制した計8チームを合わせた20チームが本大会に出場します。

 

スポンサーリンク
 

 

5 フランス国内の移動

f:id:soccer-mile:20180417083908j:plain


フランス国内は、高速列車「TGV」が主要都市間を網羅。

というか、新幹線と違って地方都市へも乗り入れてくれるので、非常に便利です。

例えば、ナント~リヨン間のように、パリを経由せずにローカル線をぶった切って2時間少々で結んでくれる列車もあります。


また、パリの街なかにあるリヨン駅や北駅といった主要駅に出向かなく
ても、シャルル・ド・ゴール空港に隣接された駅から直接地方都市に行く便も多数あります。

日本で言えば、成田空港駅から直通で大阪や金沢や仙台に行けるようなものなので、荷物が多くなりがちな海外旅行者にはうってつけです!

こうした列車を選べば、一見遠そうに感じる地方都市での試合も思いのほか快適・楽チンに向かうことができますよ^-^


安い移動なら高速バスかローカル列車もありますが、時間に余裕を持って移動したい場面が多いこうした国際大会の場合では、TGVを軸にプランニングをするのが良いでしょう。

 

6 航空券情報

参考程度の情報ですが、日本からパリまで、JAL・ANAともに直行便が毎日運航。

また、ドイツ経由やスイス経由、あるいはドーハ経由やドバイ経由など、経由便も多数利用可能です。

いずれも、格安航空券で10万円台前半〜20万円くらいといった価格帯でしょうか。

 

もちろん、2023年大会までまだ4年もありますから、今から準備すれば お金をかけずにマイルを大量に貯めて、特典航空券を押さえて旅費を大幅に浮かせることだって十分に可能です。

ラグビーワールドカップが開催される9月~10月に日本からフランスへ往復する場合の必要マイル数は、

ANA

エコミークラス …55,000マイル
ビジネスクラス …90,000マイル
ファーストクラス …165,000マイル

JAL

エコミークラス …55,000マイル
プレミアムエコミークラス …70,000マイル
ビジネスクラス …110,000マイル
ファーストクラス …160,000マイル

※JAL提携航空会社特典航空券は、2018年11月20日 日本時間朝9時の発券分から必要マイル数が増加しています。

です。


100円につき1~2マイルしか貯まらないクレジットカード決済に頼っては、300万円以上使わないと欧州往復はできません。

1度の搭乗で数百マイルしか貯まらない国内線搭乗マイルを例にしても、東京~福岡間を割引運賃で65往復しないと欧州往復はできません。


しかし、当サイトのメインコンテンツである以下の記事のやり方を実践すれば、ほとんど費用をかけずに大量のマイルを貯めることも可能になります!

ゆっくりなペースでやって半年間で5万マイル、1年間で10万マイル。

本気を出して取り組めばその倍以上のペースでマイルを貯めることができるでしょう。

そうすればお金をかけずにフランスなど欧州に行くことだって可能になりますよ!

 

実際に私はこの方法で2017年のヨーロッパ旅行ではフルフラットシートを装備したJALのビジネスクラスを利用しましたし、
2018年2月にはANAのビジネスクラスで香港旅行に行ってきました^^

そして、2018年7月のサッカー ロシアワールドカップ観戦旅行では、JALマイルを使ってフィンエアーのビジネスクラス2種類を乗り比べてきました!

★ 「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp


お金をかけずに貯めたマイルで乗るビジネスクラスの搭乗レポートやワールドカップ準決勝の現地観戦の模様などはコチラから^-^
soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


わざわざ10万円も20万円もお金を払って海外に行きたい人はそれでも良いと思いますが、
コレはとてもおトク万が一のキャンセルも安く済ませられるおすすめな方法ですので、
良かったらぜひ皆様もどうぞ!

知っている人と知らずにいる人では数十万円分、積み重ねれば百万円単位の差が付きますよ^-^

私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ:「次の日本開催まで待てない!」。そんな人は行こう!フランスへ! 

以上、今回は2023年にフランスで行われるラグビーワールドカップ 本大会の情報をまとめてまいりました。


2019年のW杯で各プール3位以内に入った12チームを除くと出場国が決まるのはまだ先ですし、試合日程や各試合の開催地が決まるのも2021年秋頃だと思いますが、今のうちから4年後の目標を定めておくと毎日がより楽しくなりそうですよね^^

サッカーもお好きな人にとっては、2022年11月~12月にはカタールでFIFAワールドカップ、2023年9月~10月にはラグビーワールドカップ、2024年6月~7月にはドイツでEURO2024、直後の7月~8月にはパリオリンピックと、大変忙しい時期が続きますが(笑)、
新しい情報が入りましたらその都度更新してまいりますので、
また現地でラグビーワールドカップ観戦をしたい!という方は、ぜひまたこのページを時折ご覧になっていただければ嬉しいです^^

 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
本来高額なビジネスクラスも、マイルなら十分手が届きますしね ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


<2018年の
年間マイル獲得実績はコチラ!>

 

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.