サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【LCCをしのぐロシアン・クオリティ】S7航空はいろいろ強烈!ハプニングと教訓をお伝えします^^

f:id:soccer-mile:20180512120827j:plain


ロシア国内線で最大の運航規模を誇るS7(エスセブン)航空。

日本在住者にとっても、成田からモスクワに直行するJALやアエロフロートとは異なり、従来から直行便のあるウラジオストク、さらに4月からイルクーツク、6月からノヴォシビリスクといった「手前のロシア」と日本を結ぶ路線を強化しているS7は、徐々に身近な存在になりつつあります。

そして、6月から7月にかけて行われるロシアワールドカップの観戦旅行でも、S7に搭乗する機会のある方々はいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、私が2017年夏にS7航空のロシア国内線を利用した際に体験した強烈な出来事をいくつかご紹介します!


LCCの他社でも味わうことのなかったハプニングに複数遭遇しましたので、S7に乗る方にはぜひ心の準備をしていただけれればと思います^^

★ 「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。
どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです
^^

soccer-mile.hatenablog.jp

お金をかけずに貯めたマイルで乗るビジネスクラスの搭乗レポートやワールドカップ準決勝の現地観戦の模様などはコチラから^-^
soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ!

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

スポンサーリンク
 


S7航空はJALと同じアライアンス「ワンワールド」に加盟。JALマイルを貯めれば搭乗可能!

S7航空は、「シベリア航空」を前身とするロシアの航空会社。

2009年からはJALやアメリカン航空などと同じアライアンスの「ワンワールド」に所属しています。

とはいえ、正直言って航空会社数の少ない連合なので、使い勝手が良いわけではありません。


しかしながら、意外と身近な点も。

JALと同じアライアンスなのでJALのマイルを貯めれば提携航空会社特典航空券でS7航空の便も予約することが可能。

つまり、当サイトのメインコンテンツであるお金をかけずにマイルを大量に貯める方法を使ってJALのマイルを貯めれば、数千円の諸費用を払うだけでS7航空に乗れるというわけです^^


ワールドカップ開催期間中は、モスクワ往復のJAL便の特典航空券は取りづらくなっていますが、
(昨秋までは余裕で取れましたが)
JAL便の特典枠が空いていない日でも北京-ノヴォシビリスク-モスクワ…のように乗り継いでいけば、特典航空券だけでロシア入りすることは十分可能になりますよ^^
(日本⇔北京は通常のJAL便利用)


ワールドカップ抜きに言うなら、たった2万マイル貯めるだけで東京(成田)⇔イルクーツク/ウラジオストクへの往復も可能。

沖縄に行くのと同じくらいのマイル数で、極東ロシアの主要都市への旅行だって手軽に実現できてしまうんですよ!

 

S7航空のモスクワの拠点は、JALと同じドモジェドヴォ空港(DME)

f:id:soccer-mile:20180512120813j:plain


そんなS7航空ですが、モスクワで発着するのは国内線も国際線もドモジェドヴォ空港です。

JALと同じですね。

私自身、昨年夏のロシア&北欧旅行の際には成田からJAL便で15時にドモジェドヴォ空港に着き、入国審査を済ませて17:30発のS7・サンクトペテルブルク行きに予定通り乗ることができました。

ターミナルそのものは特別広いわけではないので、スムーズに乗り換えできると思いますよ^^

その時をはじめ、モスクワのドモジェドヴォ空港とシェレメチェヴォ空港で入国審査にかかった時間を測ったレポートはコチラ!

 【2017実録/入国&乗り継ぎ】モスクワ2大空港の入国審査は何十分かかる?


ですが、ハプニングはそのドモジェドヴォ空港で勃発しました。

さらにその前から序章は始まっていましたので、さっそくその様子にいってみましょう!

スポンサーリンク
 

 

S7航空利用時の出来事1/
公式サイトから航空券をクレジット決済で買ったら速攻で不正利用された(なお金額が大きすぎて未遂に終わる)

私がS7のモスクワ→サンクトペテルブルクの航空券を買ったときはS7の公式サイトから購入したのですが、その3日後に三井住友VISAカードのオペレーターさんから電話がありました。

その内容は、

「デルタ航空で90万円の航空券をご予約なさっていませんか?」

というもの。

私はクレジットカードの限度額を70万円にしていたので利用にはいたらなかったものの、そもそもそんな巨額な航空券を買うことなど絶対に無いので、即否定。

どうやらS7のサイトでクレジットカードを利用した情報を読み取られて、知らないところで二次利用されるところだったようです。


こうなった時の処置としては、

① 念のためカードを決済不可の状態に止めてもらう

② カード番号を変えて新しいカードを発行してもらう

③ 一緒に限度額も引き下げる

という手段がありますが、ひとまず全部やっておきました。


S7のサイトでクレジットカード決済をすると必ず不正利用される、とまでは思っていませんが、事実としてこういうこともありましたので、念のためS7のサイトで航空券を買う際にはクレジットカードの限度額をなるべく下げておいた方が良いでしょう(^^;

私は過去にも2度クレジットカードの不正利用をされたのですが、その対処法についてはコチラ!
入口を突破されても出口を塞げば大丈夫ですよ^^

⇒ 【クレジットカード不正利用の対処法】ヤバ!ESERVICES 0570055075からJCBカードに不正請求が来ました

 

S7航空利用時の出来事2/
空港カウンターのお姉ちゃんが怖い

お次は搭乗の当日。

ドモジェドヴォ空港の到着ターミナルを一旦出て、同じ1階のフロアにある国内線出発カウンターに向かいます。

中央付近の目立つ位置にS7のカウンターを発見。

空いているのはオンラインチェックイン済の人用のカウンターで、混んでいるのがこれからチェックインする人用のカウンターです。

f:id:soccer-mile:20180512120809j:plain


5分くらい並んでいると、空いた窓口にいる、
t.A.T.u.の片方みたいな眼光鋭いお姉ちゃんが無言で私の方を見ながら人差し指でチョイチョイと合図

スラムダンクで流川が相手に「来いよ」ってやる合図ですね。

既にとてつもない怖さが漂っています。


カウンターに行くと、お姉ちゃんがパスポートとバウチャーを出すよう指図し(「案内」ではなく「指図」です)、預け入れ荷物の重量を量ったら、

「ここでは預けられねーからあそこの太ったおっさんの所に持ってきな。あ、そう、コレ持ってけよ。バイナラ。はい次。(チョイチョイと指で次の人に合図)」

という高速対応。


なんじゃそりゃと思いつつも、仕方ないので荷物を預ける特別窓口のような所に向かいました。

 

S7航空利用時の出来事3/
お姉ちゃん 利用券を印刷し忘れる

この時点では私も気付いていなかったのです。

本当は、先ほどのカウンターで搭乗券を受け取るべきだったということに。

でも、お姉ちゃんの対応があまりにも速すぎ(雑すぎ)、

「荷物を預けたら、メールを印刷したバウチャーのバーコードで機械使って搭乗券を印刷できるのかな」

などと先進国のように早合点してしまっていたのです。


案の定、荷物を預ける所で太ったおっちゃんに

「搭乗券は無いのか? なんで荷物の控えだけ持ってるんだお前は」

と言われましたが、そこはテキトーに「オンラインチェックインしてるからいいんだ、荷物ヨロシク」とホラを吹いてクリア。


しかし結局、搭乗券発行機みたいな機械に情報を入力してもバーコードをかざしても搭乗券は印刷できず。

仕方ないので先ほどのカウンターに戻って事情を話して横入りさせてもらいました(^^;


要は、最初に荷物預けの控えと搭乗券をセットで貰わないといけなかったのです。

ドモジェドヴォ空港からS7に乗る人は、ぜひ私の教訓を活かしてくださいね。

スポンサーリンク
 

 

S7航空利用時の出来事4/
再びカウンターへ。夫婦2名の予約なのに最も離れた座席に振られる

とりあえず、再びカウンターで別の人にワケを話します。

「さっきさぁ、あそこの怖ぇ姉ちゃんに対応してもらったんだけど、搭乗券貰うのが正解っぽかったんだけどくれなかったんだよ。ひとまず荷物は預けたんだけど、これじゃあ飛行機乗れないから、搭乗券ちょうだいよ」

と相談。


そしたら、さっきの姉ちゃんが窓口3つ分を越えてこっちまでやってきて、

バンッ!

と無言で印刷済の搭乗券2枚をテーブルに置いてツカツカ戻っていきました。


やっぱお前が渡しそびれてたんじゃんか!笑


なのになんでそっちが不機嫌になっているのか理解に苦しみますが、このお姉ちゃんスタイルは抜群なので、良い後ろ姿を拝めたということで良しとしましょう。


で、搭乗券を見ると…

妻の分が「1F」、私の分が「24A」。

なんと、一番前の右窓側と 一番後ろの左窓側を指定して発券されていたのです。


いくらなんでも夫婦旅行でコレはないだろと思い、目の前のマトモな方のお姉ちゃんに「並んで座れる席ないの?」と聞いたら、カタカタ調べてくれた上で

「ニェット」(No.)

のひとことで勝負あり。


夕方のサンクトペテルブルク行きって混んでるんですね。

しょうがないので、指定された席で離れながら乗ることにしました(笑)。


私にとっては思わぬところで一人旅気分を味わえる局面となりましたが、一人で海外には行ったことが無い妻にとっては長い1時間半になったはず。

…と思いきや、機内食も食べずに爆睡していたようです(^^;


ということで、複数人で並んで座りたい人は、有料でも事前に座席指定をしておきましょう!!

 

S7航空利用時の出来事5/
意外と機内食のサンドイッチが美味い。アエロフロートとは段違い

最後のハプニングは、良い意味でのこと。

そんじょそこらのLCCを凌ぐ破天荒なクオリティを持つS7航空ですが、LCCではないので国内線でも軽い機内食と飲み物が出ます。

f:id:soccer-mile:20180512120758j:plain


といっても、コーヒーとサンドイッチ程度なのですが、

なんと、ここで貰ったサンドイッチが案外美味しかったのです。


アエロフロートやかつて乗ったLCC「ニキ」などではまっずいサンドイッチしか振る舞われてこなかったので、きっとまた不味いんだろうと思って警戒しながら食べたのですが、これは嬉しい誤算でした。


なお、その翌週に乗ったアエロフロートのサンドイッチとサラダはやっぱり相変わらずまずかったということを付け加えておきますね。


※とか言って、いざ2018年7月にワールドカップ観戦旅行でアエロフロートのビジネスクラスに乗ってみたら、びっくりするくらい素晴らしい機内食を提供されました!

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ:「ワンワールドの一員だからまともな航空会社」と思っているとカルチャーショックを喰らうS7航空。利用する際の教訓を整理!

以上、今回はロシア最大の国内線ネットワークを誇る航空会社「S7航空」の国内線を利用した際に私が遭遇した出来事をレポートしてまいりました。

f:id:soccer-mile:20180512120754j:plain


座席は上の写真のようにLCCばりの狭さでしたが、運航自体は定時で問題なく利用できました。

なので、フライトそのものに関してはそこまで心配しなくても大丈夫だと思います!


問題はそれ以外の点なのですが(笑)、
この体験が「不運な方」だったのか「まだマシな部類」だったのかは不明なものの、私のような目に遭う人が減るように、S7航空を実際に利用してわかった教訓をまとめていきますね(^^;
 

教訓1
カウンターにいる係員は、グラウンドスタッフというよりも「教官」だと思うべし

教訓2
荷物を預ける際は、発行される紙と一緒に搭乗券も同時に貰うべし

教訓3
並んで座りたい場合は、有料でも事前に座席指定のオプションを利用するべし


これらに気を付けておけば、大幅なトラブルに遭う可能性はかなり抑えられるのではないかと思います(^^;


なお、ドモジェドヴォ空港にあるS7航空のカウンターは結構混んでいることが多い印象ですので、事前に心の準備と行動の準備の両方をしっかり整えて、時間に余裕を持ってご利用なさることをおすすめします。


S7をクリアできればそんじょそこらのLCCに動じることはなくなるでしょう。

そんなわけで、S7に乗る機会のある方は、ぜひ、ドラゴンボールの主題歌のような経験を生でできると楽しみに待っていてください!


「Let’s fly fly fly 大冒険
 不思議な旅が 始まるぜ~」


--------

そろそろワールドカップ開幕まで1ヶ月ほどということで、5月はロシアの観光・交通・食事など旅行に関する情報を多めに掲載していく予定です。
今後もお楽しみいただければ幸いです!

 【まとめ】2018ロシアワールドカップ観戦情報&ロシア旅行の記事一覧

 

(この情報は2017年8月時点のものとなります。ご利用にあたっては念のため最新の情報をご確認ください。



★ 「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。
どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです
^^

soccer-mile.hatenablog.jp

お金をかけずに貯めたマイルで乗るビジネスクラスの搭乗レポートやワールドカップ準決勝の現地観戦の模様などはコチラから^-^
soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ!
 

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

【 お金やマイルを貯めたい人は見逃し厳禁!】
8/31までの期間限定
超定番ポイントサイト『ハピタス』の限定ブログだけが許された登録キャンペーン計530ポイント貰えます!

soccer-mile.hatenablog.jp


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
本来高額なビジネスクラスも、マイルなら十分手が届きますしね ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


<2017年の
年間マイル獲得実績はコチラ!>

 

【 あわせて読みたい 】 

soccer-mile.hatenablog.jp

 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.