サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【日本一簡単な2019ラグビーW杯チケット購入ガイド】買い方・値段・発売日程・支払い方法などを徹底解説!<5/22追記あり>

f:id:soccer-mile:20190517161155j:plain


ラグビーワールドカップ2019日本大会のチケットを購入するための情報を、どこよりも詳しく・なるべく簡潔にお伝えします!

2018年の各種先行販売よりもむしろ、大会開幕まで4ヶ月ほどとなったこれからの時期が勝負所。
ここからのチャンスで希望のチケットを買えるよう、ぜひ役立ててくださいね^^


2019年9月20日から11月2日まで開催される、ラグビーワールドカップ2019日本大会

 

試合日程の発表とともに、気になるチケット販売に関する情報も順次新しくなっておりますので、買う人にとって極力わかりやすくなるよう、このページで整理してみました!

また、最後の9章では、5/18時点の最新情報として これまでの販売傾向をもとに 入手困難な人気の試合や直前でも余裕で買えそうな不人気試合がどれか、ということもご紹介してまいります。

「あまり興味なかったけどやっぱり何試合かは生で観たいな」という方も、「公式サイトだといろいろと記載が長いのでもっと簡単に全体像を知りたいんだよ!」という方も、ぜひご覧いただければと思います!


この記事を読んでチケット販売に備えて、その一方で当サイトのメインコンテンツである「お金をかけず・飛行機にも乗らずにマイルを貯める方法」(詳細は下記枠内の各記事をどうぞ!)を実践していけば、2019年には貯めたマイルを使って日本中でワールドカップ観戦旅行を安価に繰り返すことも可能になりますよ!

 

【 5/21追記 】
5/18に開始となった第三次先着販売で、念願のニュージーランドvs南アフリカ、準決勝などを買うことができました!
その詳細や取れた座席の位置、そして今後のチケット入手戦略などをこちらの記事にまとめました^^
⇒ 【ラグビーW杯チケット】5月の三次先着販売は大収穫!気になる座席位置も二次販売以前と比較しながらレポートします


【 5/22追記 】

この記事の内容に加え、さらに人気カードを2試合買い足すことができました!
完売チケット復活の際にはツイッターでお知らせしています^^

 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク
 


1 ラグビーワールドカップのチケットの席割は?

(1) カテゴリーA・B・C・Dの席割

まずは、チケットに関する基本的な内容から整理していきましょう。

サッカーのワールドカップはカテゴリー1~3の3種類ですが、
ラグビーのワールドカップは1つのスタジアムの中でこんな風に4つのカテゴリーに分かれています。

f:id:soccer-mile:20171102222936j:plain

https://info.tickets.rugbyworldcup.com/tickets/docs/Seatingplan_Summary_JP.pdf?_ga=2.87759320.1757565939.1509588834-853583081.1509588834

 

どのカテゴリーも全席指定席ですが、ゴールに近い方のカテゴリーC・Dはこども料金があることも特徴ですね。
(決勝トーナメントではこども料金はありません。)


個人的な見解ですが、フィールドの中央での攻防が多いサッカーと比べ、ラグビーはよりゴールに近いエリアでのプレータイムが長い傾向があります。

特にゴール寸前でのぶつかり合いこそが大きな醍醐味ですが、ゴール裏にあたるカテゴリーC・Dの場合、奥の方のゴール前でのプレーは正直かなり見づらくなると思います。


とりわけ横浜国際や東京スタジアムなど陸上競技場では、カテゴリーA以外の席種では相応の見づらさになることを覚悟した方が良いでしょう。

(よって、私はできるだけ熊谷・花園・博多の森あたりでの試合に行きたいなぁと考えています。)

(2) プレミアムシート

大会公式ホスピタリティ・プロバイダーのSTH JAPAN KK.(STHジャパン)が企画・販売する個人のお客様に向けたホスピタリティチケット。

カテゴリーAの席のチケットに加え、以下の内容が含まれます。

・カテゴリーAのチケット

入場チケットを収めた特製の公式チケットボックス

・ラグビーワールドカップ公式の認定パス、ネックストラップ

・ラグビーワールドカップ公式クーラーバッグ(ラグビーワールドカップ特製弁当ボックスや飲み物、シートクッション、雨天用ポンチョ、マッチプログラム、オリジナル記念品入り)


料金は試合ごとに設定され、価格帯は55,000円から。決勝戦では190,000円の予定です。

プレミアムシートの詳細はSTH Japan K.K(STHジャパン)より随時発表されます。

Rugby World Cup 2019™ JAPAN OFFICIAL HOSPITALITY

 

(3) 車いす席のチケット

車いすをご利用のお客様を対象に車いすチケットをラグビーワールドカップ2019™日本大会公式チケットサイト(tickets.rugbyworldcup.com.)を通じて販売されます。

車いすチケットは、限定された一部のエリアからの観戦となり、価格は各試合のカテゴリーD(こども券含む)の価格で、ご本人1名に加えて介助者1名のチケットがセットになります。

 

2 チケットの種類と価格は?

(1) 通常チケット

48試合ごとの通常のチケットです。
サッカーのワールドカップと異なり、プール戦(グループリーグ)の中でも対戦カードによって価格が大きく異なります。

f:id:soccer-mile:20171102225431j:plainhttps://info.tickets.rugbyworldcup.com/tickets/docs/schedule_pricing_JP.pdf?_ga=2.152114937.1757565939.1509588834-853583081.1509588834


例えば、平日の釜石でのフィジーvsアメリカ地区第2代表や、最終節のアメリカvsトンガでは、

カテゴリーAから順に、10,000円、7,000円、4,000円、2,019円と手ごろな価格設定になっています。

一方、ニュージーランドが絡む試合や準々決勝は、
カテゴリーAから順に、40,000円、30,000円、20,000円、10,000円と、日本開催のクラブワールドカップ決勝のような価格になります。


なお、準決勝は、
カテゴリーAから順に、70,000円、50,000円、25,000円、15,000円、

決勝は、
カテゴリーAから順に、100,000円、70,000円、45,000円、25,000円 となっています。

(2) セット券「スタジアムパック」

スタジアムパックは、サッカーのワールドカップでいうところの、会場指定チケット「VST」です。

各開催会場で行われるプール戦のすべての試合を観戦できますが、決勝トーナメントの試合は含まれません。

スタジアムパックに含まれるすべての試合は、1枚の大会限定カード型チケット(オリジナルネックストラップ付)で届く予定です。


2試合しかない札幌パックや釜石パックから東京パックや横浜パックまで、それぞれ異なる価格が設定されています。

 

(3) セット券「チームパック」

こちらは、サッカーのワールドカップでいうところの、チーム指定チケット「TST」です。

各チームのプール戦の全4試合を観戦できますが、決勝トーナメントの試合は含まれません。

https://info.tickets.rugbyworldcup.com/tickets/docs/packticket_pricing_JP.pdf?_ga=2.122772171.1757565939.1509588834-853583081.1509588834


※ セット券の販売期間は、通常チケットの販売に先立った約1か月間の限られた期間となります。該当期間以降の販売予定はありません。

※ プレミアムシートのセット券もあります。

※ セット券の料金は、通常チケットの定価を該当試合数分足し合わせた金額です。

スポンサーリンク
 

 

3 チケット販売スケジュール、発売日は?

(1) セット券(スタジアムパック、チームパック)

日本国内のラグビーファミリーを対象とした先行抽選販売と、全世界対象の一般抽選販売があります。
セット券は約1ヶ月間の限られていた販売期間となり、それを過ぎると販売されません。

※記載の日時はすべて日本時間。

① 先行抽選販売(日本国内のラグビーファミリー限定) ≪終了≫

受付期間:2018年1月19日(金)10:00~2018年1月26日(金)23:59

抽選結果発表:2018年2月26日(月)

支払い期間:2018年2月26日(月)~2018年3月7日(水)

② 一般抽選販売(全世界対象) ≪終了≫

受付期間:2018年1月27日(土)10:00~2018年2月12日(月)23:59

抽選結果発表:2018年2月26日(月)

支払い期間:2018年2月26日(月)~2018年3月7日(水)

※ 販売予定枚数を超えた場合は、先行で行われるラグビーファミリー抽選販売の当選の割合が優先的に高くなるとのこと。

 

(2) 通常チケット

私はセット券を買う予定はないので、こちらに取り組むことにします。

日本国内のラグビーファミリー、ラグビーフレンズ、開催都市住民、大会公式サポーターズクラブ会員を対象とした先行抽選販売、全世界対象の一般抽選販売、一般先着販売の順でチケット販売が予定されています

2019年5月以降は、各回とも先着販売となります。

① ラグビーファミリー先行抽選販売(日本国内限定) ≪終了≫

受付期間:2018年2月19日(月)10:00~2018年3月12日(月)23:59

抽選結果発表:2018年3月26日(月)

支払い期間:2018年3月26日(月)~2018年4月4日(水)

② 開催都市住民先行抽選販売(日本国内限定) ≪終了≫

受付期間:2018年3月19日(月)10:00~4月12日(木)23:59

抽選結果発表:2018年4月26日(木)

支払い期間:2018年4月26日(木)~2018年5月5日(土)

※ 開催都市住民先行抽選販売では、居住している都府県または市で行われる試合のみ申込み可能

③ ラグビーフレンズ先行抽選販売(日本国内限定) ≪終了≫

受付期間:2018年4月19日(木)10:00~5月12日(土)23:59

抽選結果発表:2018年5月26日(土)

支払い期間:2018年5月26日(土)~2018年6月4日(月)

④ 大会公式サポーターズクラブ会員先行抽選販売(日本国内限定) ≪終了≫

受付期間:2018年5月19日(土)10:00~6月26日(火)23:59

抽選結果発表:2018年7月10日(火)

支払い期間:2018年7月10日(火)~2018年7月19日(木) 

⑤ 第一次一般販売(抽選) ≪終了≫

受付期間:2018年9月19日(水)10:00~11月12日(月)23:59

抽選結果発表:2018年11月26日(月)

支払い期間:2018年11月26日(月)~2018年12月5日(水)

⑥ 落選者向け特別販売(先着) ≪終了≫

発売日:2019年1月15日(火)20:19

⑦ 第二次一般販売(先着) ≪終了≫

発売日:2019年1月19日(土)10:00

⑧ 第三次一般販売(先着)

発売日:2019年5月18日(土)18:00

【 5/21追記 】
5/18に開始となった第三次先着販売で、念願のニュージーランドvs南アフリカ、準決勝などを買うことができました!
その詳細や取れた座席の位置、そして今後のチケット入手戦略などをこちらの記事にまとめました^^
⇒ 【ラグビーW杯チケット】5月の三次先着販売は大収穫!気になる座席位置も二次販売以前と比較しながらレポートします


【 5/22追記 】

この記事の内容に加え、さらに人気カードを2試合買い足すことができました!
完売チケット復活の際にはツイッターでお知らせしています^^

 

------ ↑ 今ココ ------

 

⑨ 公式リセールサービスでの販売(先着)

発売日:2019年5月31日(金)18:00



また、この後にも8月にも第四次先着販売が予定されています。

勝手な予想ですが、この5月・7月の販売分も少なくないと思うので、個人的にはそれまでにあまり確保できていなくてもそんなに問題ないかなと考えています(^^;

 

スポンサーリンク
 

 

 4 申込み方法・購入方法・販売サイトへの登録方法は?

セット券も通常チケットも、すべてラグビーワールドカップ2019公式チケットサイトを通じて販売されます。

https://www.rugbyworldcup.com/tickets


購入するための手順は、いずれの販売機会も以下の通りとなります。

1.公式チケットサイトにアクセス

2.申込・購入するためにチケットIDの登録(登録無料)をする。

3.ログインし、当該期間に申込・購入の操作をする

 
・チケットは1試合につき最大で6枚まで購入可能

・同日に開催される試合は1試合のみ申込み可能

・16歳未満の来場は保護者の同伴が必要(こども券だけの購入は不可)

・試合開催時点に3歳未満であれば、チケットを持つ保護者1名につき、1名まで膝上での観戦が無料で可能


というルールになっています。


チケットを申し込む前に必要となる「チケット公式販売サイト」への登録方法、そして実際のチケット申込み方法については、以下の記事で手順をレポートしています^^

【画像で簡単解説】2019ラグビーW杯 公式チケットサイトの登録方法 

【画像で簡単解説】2019ラグビーW杯チケット販売の申込み方法

 

5 チケットの支払い方法は?

- クレジットカード

マスターカード、Visa、JCBを利用可能。

⇒抽選販売に関しては、マスターカードを選択しておくと当選確率が2倍になります。


- コンビニエンスストア

日本国内のセブンイレブン、ファミリーマートで支払うことも可能です。
(支払いのみであり、申込・購入は不可)

⇒このことから、チケット販売はチケットぴあが絡むことが窺えます。

スポンサーリンク
 

 

6 チケットの引取方法は?

試合やチケットの種類に応じ、電子チケットまたは紙チケットが送られる予定です。

国内への配送は、1回の購入あたり最大1,000円の手数料がかかります。

といっても、Eメールで送られてくる電子チケットなら安く済みますので、記念で実券が欲しいという人以外は電子チケットを選択しておくのがスマートかと思います。

 

7 販売席数・販売割合は?

プール戦、決勝トーナメントの全48試合で、販売可能な総席数は約180万席の予定。
1試合平均37,500席ほどですね。

この販売可能席数の内、50%がラグビーワールドカップ2019組織委員会に割当られ、公式チケットサイトで販売されます。


2019年5月時点で残っているのは、

・組織委員会分 28万枚ほど
 (これが日本国内販売分となります)

・ワールドラグビー分 22万枚ほど

と思われ、WRの枠で余った分もまだこれから追加で組織委員会に移譲される可能性があります。

要は、海外販売分で売れ残ったものは日本国内で売ってね、という形です。

したがって、人気カードはともかく、中堅カードや不人気カードにチケットは大会が近づいた段階でも問題なく買えるのではと見込みます。

 

8 一度買ったチケットも手数料を負担すれば払い戻せる場合も。「公式リセールサービス」とは?

サッカーのワールドカップと同様に、ラグビーのワールドカップでも公式リセールサービスが予定されており、2019年5月31日からスタートします。

このサービスによって、一度買ったチケットは2%の手数料さえ払えば返金してもらうことが可能ですし、そうしたチケットを買うことも可能になるというわけです。

これで、たとえ1月の先着販売までにチケットを買えなかったとしても、公式サイトを随時チェックしていればリセールでチケットを取れる可能性が出てくるというわけですね^-^

※セット券(チームパック、スタジアムパック)、プレミアムシート及びスポーツ・ホスピタリティ、また本公式チケットサイト以外で販売されたチケットはリセールサービスの対象外となります。


ただし、売りたい側としては、リセールに出品しても買い手が付かなかったら返金はされません。

不人気カードのカテゴリーAやBはそうなる可能性もあり、払戻しが実現するとは限りませんので、購入には注意が必要です。

公式リセールサービスの詳細は、公式サイトのこちらのページの(9)をご覧ください^^

 

【5/18最新】 9 ぶっちゃけ、入手困難な「人気カード」やいつでも買える「不人気カード」はどの試合?

最後に、これまでの販売動向をもとに、ワールドカップでチケットの入手難易度が高い人気の試合と、試合直前でも余裕で買えそうな試合の見通しも挙げてまいりますね。

人気度高

1 11/2   決勝(横浜)
2 9/20   開幕戦 日本vsロシア(東京)
3 10/26 準決勝1(横浜)
4 9/21   ニュージーランドvs南アフリカ(横浜)
5 10/13 日本vsスコットランド(横浜)
6 9/28   日本vsアイルランド(静岡)
7 10/27 準決勝2(横浜)
8 10/19 準々決勝1(東京)
9 10/5   日本vsサモア(豊田)
10     釜石開催の2試合

11 10/20 準々決勝2(東京)
12 11/1   3位決定戦(東京)
13 10/12 イングランドvsフランス(横浜)

 

人気度低

1 熊本開催
2 日本戦を除く静岡開催
3 ニュージーランド戦を除く大分開催
4 福岡開催
5 9/23 ウェールズvsジョージア(豊田)


順序はかなり私見ですが、その傾向が強い順、と考えていただければと思います(^^;

やはり人気は、大分開催を除く決勝トーナメントの各試合と日本戦・ニュージーランド戦。

次いで、南アフリカ、イングランド、アイルランドといった強豪国の試合が人気となっています。

また、収容人数の少ないラグビー場での試合は力の拮抗したチーム同士の対戦が多く、これらも早めに売れ進むことでしょう。

中でも釜石は別格の売れっぷり。
熊谷や花園も粒ぞろいのカードが並ぶので、5月の先着販売でも早めにサイトに接続できないと売り切れてしまうかもしれません。


人気の低い試合は九州や静岡に集中してしまっていますが、意外なのはウェールズ対ジョージア。

2位通過を争うであろう両者の初戦、なおかつ会場も高水準な豊田スタジアムであるにもかかわらず、連休最終日の夜という開催時間がネックになっている模様です。

21時頃に試合が終わっても帰れる距離の方なら狙ってみてはいかがでしょうか^^

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ:優先販売も多いワールドカップチケット。人気カード以外なら一般販売で買えるでしょう

以上、今回はラグビーワールドカップ2019日本大会のチケットについて、発売日程や種類・価格・販売方法などを一挙にまとめてまいりました!


開催都市住民の先行販売は、例えば関東なら埼玉県民・東京都民・神奈川県民は全体的に含まれますし、関西も対象になる方は多くなります。

もちろん、ラグビー関係者の方やサポーターズクラブ会員の方はさらにチャンスが増えますので、先行販売を活用すると良いでしょう。


個人的に感じるのは、基本的にステージごとに同一価格が敷かれているサッカーのワールドカップ(つまり、グループリーグはブラジルvsスペインでもモロッコvsサウジでも同額)と異なり、プール戦から「強豪国の試合ほど高い」という価格設定になっているため、チケットは満席続きにはならないのではないかなと感じています。

正直、私のようなライトなファンや観戦ビギナーの方がティア1の強豪国の試合に行くのは値段的になかなかハードルが高いですからね…(^^;


逆に言えば、人気国にこだわらなければ2,019円や3,000円でワールドカップ観戦ができるのも今大会の良さ。

スーパースターたちではなくとも、実力国の選手たちが激しくぶつかり戦う姿を見たら、必ずやラグビーの魅力にハマると思いますよ!


2019年5月以降も、チケットに関する新しい情報が入りましたらこのページも随時更新していきますので、ラグビーのワールドカップも観に行ってみたいな!という方はぜひまたご覧いただければと思います^-^

 

(この記事の情報は2017年11月時点をベースとし、2019年5月時点の追記を加えたものとなります。時間の経過に伴い随時加筆しておりますが、ご利用にあたっては念のため最新の情報をご確認ください。)
 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain

★ 「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

 


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
ワールドカップ観戦もビジネスクラスで実現できました ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


<2018年の
年間マイル獲得実績はコチラ!>

 

【 あわせて読みたい 】 

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.