サカ×マイル ~海外サッカー観戦を目指し大量マイル獲得に励むブログ~

これまでに66ヶ国を訪れ、チャンピオンズリーグ決勝やEUROをはじめ113試合を海外で観戦。お金をかけずに貯めたマイルで2018ロシアW杯もビジネスクラスに乗って現地観戦しました!お得にマイルを量産して国内も海外も激安で飛び回る日々を、皆さんと実現していけたらと思います。

【実践レポ】ユナイテッド航空のマイル有効期限を簡単&損せず延長する方法。マイル購入や年会費のかかる提携クレカ発行などお金をかける必要ナシ!

f:id:soccer-mile:20181217174951p:plain


貯めている人は少ないと思いますが、コツさえ掴めばとても効率的な旅程に活用できるユナイテッド航空「マイレージプラス」

なんといっても、日本の国内線主要区間を片道5,000マイルで利用でき、しかも乗継の旅程も可能ということで、“寄り道して目的地に行っても5,000マイル”みたいな使い道もできるので私もよく利用してきました。

そもそもこのマイレージプログラムが(厳密には、ユナイテッドに吸収される前のコンチネンタル航空「ワンパス」が)私のマイラー生活の発端だったので、個人的には今でも強い思い入れを持っています。


そんな「マイレージプラス」ですが、ネックは18ヶ月間というマイル有効期限

途中何らかの形で加算又は減算できればまた全マイルが18ヶ月先へ延長されるのですが、代表的な方法はいずれも費用がかかります。

そのため、私のマイルも、しばらく加算も減算もする機会がなかったので9月30日が失効日となっていました。


そこで今回は!

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」を失効日当日の悪あがきで失効回避に繋げた方法の実践レポートをお届けします!

何もしなければ16,000マイル、東京⇔石垣往復相当のマイルが吹っ飛ぶことになっていた今回のケース。

でも、この方法を活用できたおかげで、無駄な費用をかけずにさらに全部のマイルの有効期間を延長することに成功しました。


ユナイテッド航空の提携クレジットカードを作ったりマイルを購入したりすれば有効期限を延ばせますが、いずれも出費が発生。

しかし、そんなことをせずに無駄なくマイルの有効期限を継続的に延ばすことが可能ですので、ユナイテッドのマイルを貯めているようなマイラー様方はぜひこの方法をご活用なさってください^^
 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

  

スポンサーリンク
 

 ユナイテッド航空「マイレージプラス」の特徴

本題の前に、まずはマイレージプラスの特徴や利便性についてお伝えしますね。

ユナイテッド航空は、アメリカを拠点とする航空会社。

ANAやルフトハンザなどと同じ『スターアライアンス』に加盟しているこの会社では、「マイレージ・プラス」というプログラムが運営されています。


アメリカ系の航空会社はかつて有効期間が無期限の会社が多く、ユナイテッドに吸収される前のコンチネンタル航空なんかもそうでしたが、現在のマイレージ・プラスは最後に加算・減算があった月から18ヶ月後が有効期限となっています。

その間にまたマイルの加算(または減算)があった場合には、加算分だけでなく全てのマイルの有効期間が18ヶ月先へ延長されます。


JALやANAのマイルは加算月から3年間が有効期間で、途中で加算されたマイルはその分だけ3年間有効となってその都度積算される方式。
だいぶ仕組みが異なるので、注意が必要です。


マイレージプラスの大きな特徴は、特典航空券のルール

他社のマイルと比べて得する区間・損する区間はまちまちですが、短距離ほどお得感が強く、長距離ほどえらい多くのマイル数が必要になる傾向があります。


特に、同じスターアライアンス加盟会社としてANA便を利用できる国内線での利便性は上々。

例えば東京-九州や大阪-北海道といった国内線主要区間はたった5,000マイルで片道利用が可能で、東京-沖縄といった遠方も片道8,000マイルで利用できます。


そして、ANAマイルを普通に使うよりも得なのが乗継を含む区間。

例えば東京-長崎-五島福江といった片道行程の場合、

ANAのマイルだと東京-長崎と長崎-五島福江に分断され、レギュラーシーズンで合計13,500マイル必要になります。

f:id:soccer-mile:20181217174948p:plain

(※沖縄離島路線の場合は那覇乗り換えを挟んでも1区間分の必要マイル数で予約できるので福江島に行くのとは少し異なります。)



これを、ユナイテッド航空のマイルで予約すると東京-長崎-五島福江という1行程で発券でき、5,000マイルだけで済むのです。

f:id:soccer-mile:20181217174945p:plain


これをエスカレートさせると、無駄に乗継を組み合わせたマニア度高めの旅程も可能でした。

現に私は、2016年には、浜松で用事を済ませた後にアビスパ福岡vsサガン鳥栖のダービーを観戦したくて

土曜日午後:名古屋中部⇒福岡

19時から試合観戦

(宿泊。滞在時間24時間以内にして乗継扱いに)

日曜日午前:福岡⇒東京羽田

という1泊の行程を組み、通算5,000マイルだけで済ませるようなこともしましたね。

f:id:soccer-mile:20181223234225j:plain


同じ行程でANAのマイルを利用していたら片道7,500マイル×2回で計15,000マイルも消費していたわけですから、非常に効率的なマイルの使い方ができたと思っています^^
(今はこういう旅程はなかなか検索できなくなっていますね、都度必要マイルが加算されて。)


ただし、ユナイテッドのマイルにもデメリットはあります。

昔は緩かったのですが現在は特典航空券の変更・キャンセル時の手数料がシビアになったので、そこは注意が必要です。

一般会員の場合、出発日の61日前より早い時点での日程変更・キャンセルの手数料は75米ドル(約8,400円)。

60日前以降になると、125米ドル(約14,00円)になります。


実際に変更する人は大抵2ヶ月前を切って予定が変わってから手続きをするでしょうから、そうすると約14,000円も手数料を払うハメになりますので、今のマイレージプラスは極力「もうこの行程で決まり! 変更はしないぞ!」という場面に使うのが望ましいですね。

スポンサーリンク
 

 

2 マイレージプラスの失効を防ぐ代表的な方法は、いずれも出費が必要

さて、そんな柔軟性抜群のマイレージプラスですが、前述のように18ヶ月間という有効期間の短さがネック。

それを防ぐには何らかの形でマイルを加算または減算させる必要がありますが、代表的な3つの方法はいずれも相応のコストを要します。


(1) 航空券を買い、乗る

一番手軽なのは、スターアライアンスで提携しているANA便の安めの航空券を買ってユナイテッドのマイルを申告して積算するという形でしょう。

言うまでもなくこれが一番基本的なマイルの貯め方ですが、当然航空券を買う費用が発生します。

そもそもお金をかけずに飛行機に乗りたいからマイルを貯めているのであって、マイルの延命のために航空券を買うのはなんかしっくり来ませんね。

(2) 「MileagePlus JCBカード」のような提携クレジットカードを発行する

続いては、提携クレジットカードを作ってその決済マイルを加算させることで有効期限を継続的に伸ばしていく方法。

マイレージプラスの提携クレジットカードは各種ゴールドカードをはじめいくつかありますが、最も年会費が安いのは、「MileagePlus JCBカード」でしょうか。

年会費は年間税別1,250円です。

f:id:soccer-mile:20181217174959p:plain


JCBブランドは海外で使いづらいからな…という人は、「MileagePlus セゾンカード」「MileagePlus UCカード」が代案になります。

こちらは年会費は年間税別1,500円。

アメックス、VISA、マスターカードの各ブランドから選択できます。
(UCカードはVISA、マスターのみ)


年会費さえ我慢できるなら悪い選択肢ではありませんが、マイル還元率が0.5%ほどなので、とりわけお得なカードとは言い難いですね。

少なくとも、マイルの有効期限を延ばすのが目的ならば年間税込1,350円以上の年会費を「マイル期限延長手数料」として払うのはもったいないような気がします。

 

(3) マイルを買う

最後はチカラ技。

アメリカ系の航空会社らしく、デルタ航空などと同様、ユナイテッド航空もマイルを購入することで有効期間を延長できます。


ところが、少ないマイルを買う分にはレートがかなりタフ。

2,000マイル購入するためには8,000円近い出費となります。
1マイル=4円となると、かなり割が悪いと言わざるを得ません。

f:id:soccer-mile:20181217174956p:plain


6,000マイル以上買えばレートは30%増えますが、そうなると約24,000円必要になるので、だったら普通に航空券を買った方が安いくらいなので本末転倒のように思いますね。

一応、時期によっては100%ボーナスマイル!みたいな時もあるのでそういう時に大量に買うのも手ではありますが、それが本当に得かどうかはマイルの使い道によるでしょう。


こう見ていくと、マイレージプラスの有効期間を伸ばすには最低1,350円以上のコストが必要。

でも、そんな費用をかけずに期限を延ばす方法は意外なところにありました!

私が実際に利用してマイルを延命したリアルなレポートを、次の章でお伝えしますね^^

スポンサーリンク
 

 

 【実践レポ】ほぼコストなしでマイル失効の回避に成功! 方法はとっても簡単

たいしてお金をかけずにマイレージプラスの有効期限を延ばす方法。
私にはそれを探る必要がありました。

というのも、私は16,812マイル余らせており、それらが9月30日で失効する予定だったのです。

東京⇔石垣1往復分に相当するマイル数ですので、これらを失うのは痛いもの。

そこで、使ったのがコチラ!

f:id:soccer-mile:20181217175003p:plain


ANAマイレージモールやJALマイレージモールのユナイテッド版、「マイレージプラスモール」です。

要領は簡単。

当サイトのメインコンテンツとして随時お伝えしているお金をかけず・飛行機にも乗らずにマイルを量産する方法 で挙げているいわゆる『ポイントサイト』と同様、通販サイトや各種ウェブサービスを利用する前にマイレージプラスモールにログインし、そこから提携サイトに遷移し買い物や予約などを済ませればOKです。


しかも、ユナイテッドはこのマイレージプラスモールに力を入れているようで、なんとわざわざ「MileagePlusモール マイルの有効期限が切れてしまう前に!」というページも用意されているのです。 

https://www.mileageplusmall.jp/mileinfo

そこには『失効前にモールを利用すれば、一旦失効した後にモール利用分のマイルが加算されたらマイルの有効期限はモール利用月の18ヶ月後に延長されるよ』という趣旨のことが書いてあります。

 

さて、このマイレージプラスモール。

利用する際の手順はごく簡単です。


 マイレージプラスモールにアクセス

https://www.mileageplusmall.jp/


 検索するか、「総合通販・百貨店」のカテゴリーに入り、楽天市場を選択

f:id:soccer-mile:20181217175007p:plain

楽天市場の場合、購入金額税抜400円につき1マイル貯まります。

他のサイトがおおむねマイル還元率0.5%ほどなのを考慮するとマイル化の効率は半分なので割は良くありませんが、少額の買い物ならその差はごく数マイル。
貰えるマイル数が4マイルから2マイルになったところで大した損ではないでしょう

有効期限延長が目的なら、税込432円以上の少額の買い物をマイレージプラスモールにあてがうのが得策ですね。


 マイレージプラスのID等でログインし、楽天市場のサイトに遷移する

f:id:soccer-mile:20181217175011p:plain


あとは普通に買い物をするだけです。


実際に私がやってみた例では、こんな感じでマイルの失効⇒復活に至りました。

f:id:soccer-mile:20181217174953p:plain

・9月30日 マイル残高:16,812マイル
この日でマイルが失効するので、9月30日にマイレージプラスモール経由で楽天市場にて800円少々の買い物を

・10月1日 マイル残高:0マイル
マイル失効

・12月10日 マイル残高:16,814マイル
9/30にマイレージプラスモールを利用した分の2マイルが加算
それに伴い、9月で失効していた16,812マイルが「2020年3月まで」という新しい有効期限で復活


実際にやる前は、マイレージプラスモール利用分のマイルが加算された12月が最終加算月となって2020年6月までがマイル有効期限になるんじゃないかな?と期待していましたが、有効期限の起算は加算日ではなく利用日(つまり9月)だったようですね。

ともあれ、これで特段の出費を生むことなく、前から買おうと思っていたもの(というか、嫁さんのおつかいの化粧水)を楽天で買っただけでマイレージプラスの有効期限を1年半延ばすことに成功できました!


やってみた中で特に留意点は見当たりませんでしたが、強いて言えば、楽天市場での購入でこの方法を使うのであれ「税抜き400円以上」の支払いが必要なので気を付けましょう。

マイレージプラスモールを利用することが目的ではなく、
マイレージプラスモールを利用して1マイル以上加算させることがこの方法の目的です。

税抜400円を下回る買い物では1マイルも積算されず、それに気付いた頃にはマイルが失効してしまっている…という事態になりかねませんので、ここだけは間違えないように把握しておいてくださいね^^

 

 (余談)一応いくつかのポイント交換サイトからもワンパスへ交換可能。でもレートはイマイチ。

最後に、今回は主題としてお伝えしませんでしたが、ANAやJALのマイルのようにユナイテッドのマイルもPeXなどポイント交換サイトを経由して加算できますので、そのレートをお伝えしますね。

・PeX 交換率22.5%
400円分のポイント(4,000ポイント)⇒90マイル

・ネットマイル 交換率33.3%【要手数料】
300円分のポイント(600ネットマイル) ⇒ 100マイル
+1回あたり150円分のポイントが手数料として必要

・Gポイント 交換率16.7%
300Gポイント ⇒ 50マイル


こう見ると、交換率50%や70%といった次元でのマイル交換は不可能。

楽天などで通販を利用する機会が無い人にとってはポイントをユナイテッドのマイルに交換して加算させるのは数少ない手段としてアリだと思いますが、
そうした買い物の機会がある人はマイレージプラスモールを利用してユナイテッドのマイルを加算させ、ポイント交換サイトのポイントはわざわざ交換率の低いユナイテッドに移すのではなく ANAやJALのマイルに交換した方が割が良いような気がしますね(^^;
 

スポンサーリンク
 

 

まとめ:マイル中級者にとって利用価値の大きなマイレージプラス。損せずに有効期間を延長して使うべきタイミングに活かそう

以上、今回はユナイテッド航空「マイレージプラス」が失効する寸前で有効期限を延ばした方法 の実践レポートをお届けしてまいりました。


マイレージプラスは、乗継便をはじめとする必要マイル数の少なさという長所と、何かあった場合の手数料の高さという短所が混在する、どちらかというと中級者向けのマイレージプログラム。

うまく使わないと手数料で損するかもしれない反面、適した行程でうまくハマればANAやJALのマイルよりも大幅にお得感のあるマイル旅行を楽しめます。


言い方を換えれば、「マイレージプラスを使うのが適した旅行」をする機会が1年半の間にあるかどうかは未知数。

特に予定の変動が見込まれる多忙な人なら、高い変更手数料を払うリスクを踏まえると、上手にマイルの有効期間を伸ばしながらチャンスを窺いながら「この日・この旅程なら絶対に変更しないぞ」というタイミングでマイレージプラスを投入するのが得策でしょう。


マイレージプラスモールを1年半に1回使いさえすれば、マイルを買ったり年会費のかかるクレジットカードを作ったりしなくても 実質無期限でマイルを生かし続けることが可能です。

マイレージプラスの長所が肌に合っているという方は、この方法でストレスなくご自身のマイルの延命を図ってみてはいかがでしょうか^-^

 

(この記事の情報は2018年12月時点のものです。ご利用にあたっては念のため最新の情報をご確認ください。)


【 ブログに書ききれない情報はツイッターでも随時お伝えしております ↓ 】

サカ×マイル (@saka_mile_blog) | Twitter

 

【 いつまでお金かけて旅行してるの?】
★ 意外と知ってる人が少ない お金をかけずに継続的に大量のマイルを貯める基本的な方法は ↓ コチラ

f:id:soccer-mile:20171201215729j:plain


★ 
「サカ×マイル流 ロシアワールドカップ観戦旅行」は旅費総額7万円、キャッシュアウトはたったの5,500円!
しかも、往復ともフルフラットシートのビジネスクラスを利用。

どんな風に旅費を抑えることができたか、ロシアW杯現地観戦に関する出費総額をまとめたレポートです^^

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


【 お金やマイルを貯めたい人は見逃し厳禁!】
ご好評につき9月以降も延長
超定番ポイントサイト『ハピタス』の限定ブログだけが許された登録キャンペーン計530ポイント貰えます!

soccer-mile.hatenablog.jp


【 海外サッカーファンもJリーグサポーターも必見】
DAZNの登録はコレを知らないと損ですよ!

f:id:soccer-mile:20180403171058p:plain


私はお金をかけずこんな感じでマイルを貯めて、海外旅行も国内旅行も繰り返しています
ワールドカップ観戦もビジネスクラスで実現できました ★

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp


<2017年の
年間マイル獲得実績はコチラ!>

 

【 あわせて読みたい 】 

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

soccer-mile.hatenablog.jp

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

 

 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

 

 

にほんブログ村 海外サッカー

当サイトに掲載されているすべての記事・写真について、無断転載・転用を禁じます。
Copyright 2016 サカ×マイル All Rights Reserved.